最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

XML ドキュメントを異なるファイル形式に変換

XML ドキュメントを変換する理由

レポート エクスプローラー ファイル コンバーターまたは rptconvert コマンドを使用すると、レポートを再生成することなく、異なる出力ファイル形式のレポートを生成できます。これらのユーティリティは、レポート生成プロセスで作成した DocBook XML ソース ファイルを HTMLRTFPDF などの形式のドキュメントに変換します。

メモ

レポート生成プロセスでは、最新バージョンのソフトウェアで作成した XML ソース ファイルのみを変換できます。

レポート エクスプローラーを使用した XML ドキュメントの変換

[変換] プロパティ ペインを開く方法は以下です。

  1. レポート エクスプローラーで [ツール][ソース ファイルを変換] を選択します。

    [ソース ファイルを変換] プロパティ ペインが表示されます。現在のフォルダーにあるすべての XML ファイルが中央のオプション ペインに表示されます。

  2. 以下のいずれかのオプションを使用して XML ソース ファイルを選択します。

    • 右側のプロパティ ペインで [参照] ボタンをクリックして XML ソースの場所を参照します。

    • 中央のオプション ペインでファイル名をダブルクリックして、プロパティ ペインの [ソース ファイル] フィールドにファイル名を自動的に入力します。

  3. 出力形式とスタイル シートを選択します。

    1. [ファイル形式] テキスト ボックスで出力形式を選択します。

    2. [スタイル シート] テキスト ボックスでスタイル シートを選択します。スタイル シートの選択は指定した出力形式によって異なります。事前定義されたスタイル シートかカスタマイズされたスタイル シートを使用できます。

      使用可能な形式と事前定義されたスタイル シートの詳細については、レポートの出力形式を参照してください。

      スタイル シートのカスタマイズの詳細については、新しいスタイル シートの作成を参照してください。

  4. [変換後にレポートを表示] チェック ボックスを使用して、変換後にレポートを表示するかどうかを示します。

  5. 変換を開始するには [ファイルの変換] をクリックします。

コマンド ラインを使用した XML ドキュメントの変換

コマンド ラインを使用してファイルを変換するには、関数rptconvertを使用します。

XML ソース ファイルの編集

ソース ファイルをコンバーターに送信する前に、レポート エクスプローラーでテキストとして編集します。

  1. 左側のアウトライン ペインでファイル コンバーターを開きます。

  2. MATLAB Report Generator を右クリックして [ソース ファイルを変換] を選択します。

  3. 中央のオプション ペインで、編集するソース ファイルを選択します。

  4. 右側のプロパティ ペインで [テキストとして編集] をクリックします。

  5. MATLAB® エディターを使用してテキストを編集および保存します。