最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デスクトップ シミュレーション

ソルバーの選択、変数の初期化、平衡化と線形化、データ ログ

物理モデルのデスクトップ シミュレーションは、Simulink® モデルのシミュレーションに似ています。ただし、ソルバーの選択、モデル初期化の手法および線形化の方法に関しては特定の詳細があります。データ ログやモデル統計などのモデル解析ツールは、シミュレーション結果の表示や後処理だけでなく、モデルの微調整やトラブルシューティングにも役立ちます。

  • シミュレーションの設定
    物理シミュレーションに最適なソルバーを選択し、モデルのスケーリングを指定する
  • 変数の初期化
    シミュレーションの前にブロック変数を初期化し、結果を確認
  • 実行時パラメーター
    C コードを再生成せずに、シミュレーション タスクを高速化し、パラメーター値を変更
  • 平衡化と線形化
    操作点の検出とモデルの線形化によるシステムの応答と安定性の調査
  • データ ログ
    後続のデータ処理のためにモデルのシミュレーション中にワークスペースにデータ ログを作成
  • モデル統計
    変数、ゼロクロッシング信号、ジョイント、拘束の数などの、Simscape™ の統計を表示
  • トラブルシューティング
    Simscape モデルで Simulink ツールを使用する際の、一般的なシミュレーション エラー、制約および制限