最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

トラブルシューティング

Simscape™ モデルで Simulink® ツールを使用する際の、一般的なシミュレーション エラー、制約および制限

MathWorks では、モデルの作成、シミュレーション、テストは段階的に行うことを推奨しています。まずシステムの簡単な理想化モデルを作成し、シミュレーションを実行して、設計どおりに動作することを確認します。その後、段階的にモデルをより現実的なものにし、摩擦損失、モーター シャフトのコンプライアンス、ハード ストップなどの実際に発生し得る現象を追加していきます。モデルのシミュレーションとテストは各段階で行います。サブシステムを使用してモデルの階層構造を把握し、モデル コンフィギュレーション全体のテストを行う前にサブシステムのシミュレーションとテストを個別に実行します。この手法により、モデルが高度に組織化され、トラブルシューティングも簡単になります。

トピック

シミュレーション エラーのトラブルシューティング

Simscape シミュレーション エラーの解釈と修正

制限

Simscape モデルで Simulink ツールを使用する際の制約と制限について説明する