最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

実行時パラメーター

C コードを再生成せずに、シミュレーション タスクを高速化し、パラメーター値を変更

Simscape™ 実行時パラメーターは、シミュレーション前またはシミュレーション間に、モデルを再コンパイルすることなく値を変更できる変数としてコーディングされます。実行時パラメーターはモデルの再コンパイルを必要としないため、それらを使用したパラメーター スイープはモデルの開発とリアルタイム シミュレーションでの効率向上に役立ちます。

トピック

Simscape 実行時パラメーターについて

Simscape 実行時パラメーターを使用すると、シミュレーション間に、生成されたコード内でパラメーター値を変更することができます。モデルの再コンパイルは必要ありません。

Simscape の実行時パラメーターと Simulink の調整可能なパラメーターの違い

Simscape の実行時パラメーターと Simulink® の調整可能なパラメーターでは、既定のモード、構成方法、および生成コード内での既定の動作が異なります。

Simscape 実行時パラメーターの管理

Simscape パラメーターを実行時に構成できるようにし、コード生成のために実行時パラメーターの既定の動作を指定する。

Simscape 実行時パラメーターの設定の表示

MATLAB® 設定を構成して、Simscape 実行時パラメーターの設定が表示されるようにします。

Simscape 実行時パラメーターの指定と変更

Simscape パラメーターを実行時に構成できるようにし、シミュレーションの反復実行の間に、モデルを再コンパイルせずにパラメーター値を変更します。

Simscape 実行時パラメーターの使用によるパラメーター スイープ効率の向上

Simscape の実行時パラメーターの値を、モデルの再コンパイルなしで、反復シミュレーション中に変更します。

Simscape 実行時パラメーターのインライン化による計算コストの削減

Simscape 実行時パラメーターをインライン化することで、リアルタイム シミュレーション中の CPU オーバーロードを回避します。

Simscape 実行時パラメーターの問題のトラブルシューティング

Simscape 実行時パラメーター設定が必ず表示され、パラメーターの変更が確実に有効になるようにします。