最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

物理モデリング

モデルの構築手法とベスト プラクティス、ドメイン固有のモデル化、物理単位

物理モデリングは、実際の物理コンポーネントで構成されるシステムをモデル化し、シミュレートする方法です。Simscape™ ブロックをポンプ、モーター、オペアンプなどの物理的要素に対応させた、物理ネットワーク アプローチを採用しています。これらのブロックは、電力を伝える物理的接続に対応するラインによって繋がれます。このアプローチでは、基礎となっている数学演算ではなく、システムの物理的構造を記述することになります。詳細は、物理ネットワークのモデル化の基本原則を参照してください。

Simscape の Foundation ライブラリには、ドメイン別にまとめられた広範な基本要素や基本ブロックが含まれています。これらのブロックを、物理システムを組み立てるのと同じように接続します。マルチドメインの物理システムをモデル化するには、Simscape Electrical™Simscape Driveline™ などのアドオン製品のブロックと共にこれらのブロックを使用します。Foundation ライブラリやアドオン製品に存在しないカスタム コンポーネントを作成して Simscape モデリング環境を拡張する方法についての詳細は、カスタマイズを参照してください。

  • モデル化の基礎
    モデルの構築手法、ベスト プラクティス
  • 機械モデル
    回転運動および並進運動のための機械的要素、シンプルなメカニズム、機械的センサーとソース
  • 電気モデル
    基本的な電気ブロックとモデル化手法
  • 電磁モデル
    基本的な電磁ブロックとモデル化手法
  • 油圧モデル
    基本的な油圧 (一定温度) ブロックとモデル化手法
  • 熱流体モデル
    基本的な熱流体ブロックとモデル化手法
  • 二相流体モデル
    基本的な Two-Phase Fluid ブロックとモデル化手法
  • 気体モデル
    気体システムをモデル化するための基本ブロックと手法
  • 湿り空気モデル
    湿り空気システムをモデル化するための基本ブロックと手法
  • 熱モデル
    基本的な熱ブロックとモデル化手法
  • 物理量信号の操作
    物理制御信号の送信のためのブロック
  • ユーティリティ
    シミュレーション環境の設定、Simulink® モデルとのインターフェイス、実行中のカスタム コンポーネント作成に必要なブロックおよび一般的に使用されるブロック
  • 物理単位
    物理モデリング環境で使用できる単位と単位変換関数