ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GPU CUDA および MEX プログラミング

高度な GPU CUDA および MEX プログラミングを使用してコードをさらに高速化する

関数

すべて展開する

mexcudaGPU 計算用の MEX 関数のコンパイル
parallel.gpu.CUDAKernelPTX および CU コードから GPU CUDA カーネル オブジェクトを作成する
fevalGPU 上のカーネルを評価する
setConstantMemoryGPU に定数メモリを設定する
mxGPUCopyFromMxArraymxArray を mxGPUArray にコピーする
mxGPUCopyGPUArraymxGPUArray オブジェクトを複製 (ディープ コピー) する
mxGPUCopyImag mxGPUArray の虚数部をコピーする
mxGPUCopyReal mxGPUArray の実数部をコピーする
mxGPUCreateComplexGPUArray2 つの実数の gpuArray から複素数 GPU 配列を作成する
mxGPUCreateFromMxArray入力 mxArray から読み取り専用の mxGPUArray オブジェクトを作成する
mxGPUCreateGPUArrayGPU にメモリを割り当て、mxGPUArray オブジェクトを作成する
mxGPUCreateMxArrayOnCPUGPU からのデータを内容とする CPU データを MATLAB に返すための mxArray を作成する
mxGPUCreateMxArrayOnGPUGPU データを MATLAB に返すための mxArray を作成する
mxGPUDestroyGPUArraymxGPUArray オブジェクトを削除する
mxGPUGetClassIDGPU 上のデータに関連付けられた mxClassID
mxGPUGetComplexityGPU 上のデータの実数/複素数指定
mxGPUGetData基になるデータへの生のポインター
mxGPUGetDataReadOnly基になるデータへの生の読み取り専用ポインター
mxGPUGetDimensionsmxGPUArray の次元
mxGPUGetNumberOfDimensionsmxGPUArray の次元配列のサイズ
mxGPUGetNumberOfElements配列のうち、GPU 上にある要素の数
mxGPUIsSame2 つの mxGPUArray が同じ GPU データを参照しているかどうかを判別する
mxGPUIsSparsemxGPUArray にスパースな GPU データが含まれているかどうかを判別する
mxGPUIsValidGPUDatamxArray が有効な GPU データへのポインターであるかどうかを判定する
mxGPUSetDimensions次元数と各次元のサイズを変更
mxIsGPUArraymxArray に GPU データが含まれているかどうかを判別する
mxInitGPU現在選択されているデバイスの MATLAB GPU ライブラリを初期化する

クラス

すべて展開する

CUDAKernelGPU 上で実行可能なカーネル
mxGPUArrayMATLAB gpuArray の型

トピック

GPU での CUDA または PTX コードの実行

このトピックでは、実行可能カーネルを CU または PTX (並列スレッド実行) ファイルから作成し、そのカーネルを MATLAB® から GPU 上で実行する方法を説明します。

CUDA コードを含む MEX 関数の実行

他の MEX ファイルと同様に、CUDA® コードを含む MEX ファイルにも mexFunction と呼ばれる単一のエントリ ポイントがあります。

注目の例