ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxGPUGetDimensions (C)

次元数と各次元のサイズを変更

C 構文

#include "gpu/mxGPUArray.h"
void mxGPUSetDimensions(mxGPUArray * const mgp, mwSize const * const dims, mwSize const ndims);

引数

mgp

mxGPUArray へのポインター

dims

次元配列。次元配列の各要素には、その次元の配列のサイズが含まれています。たとえば C では、dims[0]5 に設定し、dims[1]7 に設定すると、57 列の mxGPUArray が設定されます。

dims 配列は mxGPUArray の全体のサイズを増加させてはなりません。この配列には少なくとも ndims 個の要素が含まれていなければなりません。

ndims

次元数。

説明

既存の mxGPUArray の形状を変更するには、mxGPUSetDimensions を呼び出します。mxGPUSetDimensions はメモリの再割り当てを行いません。

R2018b で導入