ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スクリプト ベースのユニット テスト

テスト スクリプトの記述と実行

スクリプトベースのテストを記述し、MATLAB® のスクリプト、関数、またはクラスの出力が想定どおりであるかを確認します。たとえば、関数 assert を使用して、実際の出力値が期待値と一致しているかどうかをテストできます。または、出力変数が正しいサイズと型になっているかをテストできます。テスト スクリプトを実行するには、関数 runtests を使用します。

はじめに、スクリプト ベースのユニット テストの記述を参照してください。

多くの異なるタイプのテスト検定にアクセスするなど、より高度なテスト オーサリングを行う場合は、関数ベースのユニット テストまたはクラス ベースのユニット テストを記述することを検討してください。

関数

assert条件が false の場合にエラーをスロー
runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成

クラス

TestResult実行中のテスト スイートの結果

トピック

ライブ スクリプトを使用したテストの記述

次の例では、ユーザーが作成した関数をテストするライブ スクリプトを記述する方法を説明します。

スクリプト ベースのユニット テストの記述

次の例では、ユーザーが作成した関数をテストするスクリプトを記述する方法を説明します。

ローカル関数を使用したスクリプトベースのテストの記述

この例では、ローカル関数を補助関数として使用するスクリプトベースのテストを記述する方法を示します。

テスト ケースの結果の解析

この例では、テスト ランナーによって返された情報を解析する方法を示します。

失敗したテスト結果の解析

以下の例では、失敗したテストを特定し、それを処理する方法を示します。

失敗したテストの再実行

失敗したテストを素早く便利な方法で再実行する。

スクリプトベースのテストの拡張

スクリプトベースのテストを使用して、テストの選択、テスト診断へのプログラムによるアクセス、テスト ランナーのカスタマイズなどの追加機能にアクセスします。