最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

urlwrite

URL コンテンツをダウンロードしてファイルに保存 (推奨されません)

urlwrite は推奨されません。代わりに websave を使用してください。

説明

urlwrite(URL,filename) は、指定された URL にある Web コンテンツを読み取り、filename で指定されたファイルに保存します。

urlwrite(URL,filename,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数によって指定された追加オプションを使用します。

[filestr,status] = urlwrite(___) は、ファイルパスを変数 filestr に格納し、前述の構文の任意の入力引数を使用してエラー メッセージの表示を抑制します。演算が正常に完了した場合、status1 です。それ以外の場合、status0 です。

すべて折りたたむ

urlwrite に関連した投稿を一覧表示する MATLAB® Central の File Exchange の HTML ページをダウンロードします。結果を現在のフォルダー内の samples.html に保存します。

fullURL = ['https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange' ...
           '?term=urlwrite'];
filename = 'samples.html';
urlwrite(fullURL,filename);

ファイルを表示します。

web(filename)

urlwrite に関連した投稿を一覧表示する MATLAB® Central の File Exchange の HTML ページをダウンロードします。結果を現在のフォルダー内の samples.html に保存します。

URL = 'https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange';
filename = 'samples.html';
urlwrite(URL,filename,'get',{'term','urlwrite'});

urlwrite は、https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange/?term=urlwrite から HTML コンテンツをダウンロードし、samples.html に書き込みます。

最初の例と同様に、MATLAB® Central の File Exchange のページからコンテンツをダウンロードし、タイムアウト期間を 5 秒間に指定します。

fullURL = ['https://www.mathworks.com/matlabcentral/fileexchange' ...
	   '?term=urlwrite'];
filename = 'samples.html';
urlwrite(fullURL,filename,'Timeout',5);

入力引数

すべて折りたたむ

コンテンツの場所。文字ベクトルとして指定します。httpftpfile などの転送プロトコルを含みます。

例: 'https://www.mathworks.com/matlabcentral'

Web コンテンツを格納するファイルの名前。文字ベクトルとして指定します。filename のパスを指定しない場合、関数 urlwrite はファイルを現在のフォルダーに保存します。

例: 'myfile.html'

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Timeout',10,'Charset','UTF-8' は、urlread が 10 秒後にタイムアウトし、ファイルの文字エンコードは UTF-8 であることを指定します。

GET メソッドを使用して Web フォームに送信するデータのパラメーター。'get' および名前と値の対のパラメーターから成る cell 配列から構成されるコンマ区切りのペアとして指定されます。サポートされるパラメーターは URL によって異なります。

'Get' には、? および & 文字で区切られた URL のデータが含まれます。

例: 'Get',{'term','urlread'}

POST メソッドを使用して Web フォームに送信するデータのパラメーター。'post' および名前と値の一対のパラメーターの cell 配列から構成されるコンマ区切りのペアとして指定されます。サポートされるパラメーターは URL によって異なります。

'Post' は、要求ヘッダーの一部としてデータを送信しますが、URL では明示的に行われません。

文字エンコード。'Charset' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。Charset を指定しない場合、関数はファイルのヘッダーから文字エンコードを判別しようとします。文字エンコードを判別できない場合、Charset は既定としてファイル プロトコルに対してはネイティブのエンコードを、他のすべてのプロトコルについては UTF-8 を使用します。

例: 'Charset','ISO-8859-1'

タイムアウト期間 (秒)。'Timeout' とスカラーから構成されるコンマ区切りのペアとして指定されます。タイムアウト期間は、サーバーによる応答またはデータ送信の待機継続時間ではなく、関数エラーの時期を決定します。

例: 'Timeout',10

クライアントのユーザー エージェントの識別。'UserAgent' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: 'UserAgent','MATLAB R2012b'

HTTP 認証メカニズム。'Authentication' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。現在は値 'Basic' のみがサポートされています。'Authentication','Basic' は基本認証を指定します。

引数 Authentication を含める場合は、引数 UsernamePassword も含めなければなりません。

ユーザー識別子。'Username' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。引数 Username を含める場合は、引数 PasswordAuthentication も含めなければなりません。

例: 'Username','myName'

ユーザー認証パスワード。'Password' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。引数 Password を含める場合は、引数 UsernameAuthentication も含めなければなりません。

例: 'Password','myPassword123'

出力引数

すべて折りたたむ

filename で指定されたファイルのパス。文字ベクトルとして返されます。

ダウンロードのステータス。1 または 0 のいずれかとして返されます。ダウンロードが正常に完了した場合、status1 です。それ以外の場合、status0 です。

ヒント

  • 関数 urlread と関数 urlwrite は、FTP サイトから内容をダウンロードできます。または、関数 ftp で FTP サーバーに接続してから、関数 mget でファイルをダウンロードすることもできます。

R2006a より前に導入