最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

web

Web ページまたはファイルのブラウザー表示

説明

web は、空の MATLAB® Web ブラウザーを開きます。

web(url) は、url で指定されたページを MATLAB Web ブラウザーで開きます。url が外部サイトの場合、web(url) はシステム ブラウザーでページを開きます。複数のブラウザーが開かれている場合、ページは最も直近に使用されたブラウザーに表示されます。

web(url,opt) は、新しいブラウザー インスタンスを作成する '-new' やシステム ブラウザーを使用する '-browser' などのブラウザー オプションの指定によりページを開きます。

web(url,opt1,...,optN) は、1 つ以上のブラウザー オプションを使用してページを開きます。

stat = web(___) は、動作のステータスとして、正常に完了した場合は 0、失敗した場合は 1 または 2 を返します。前述の構文のいずれかの入力引数を含めることができます。

[stat,h] = web(___) は、MATLAB Web ブラウザーのハンドルを返します。これにより、close(h) コマンドを使用してブラウザーを閉じることができます。ページがシステム ブラウザーで開いた場合、web は空のハンドルを返します。

[stat,h] = web のように関数 web に入力を指定しない場合、ハンドルは前回使用された MATLAB Web ブラウザーに対応します。

[stat,h,url] = web(___) は、MATLAB Web ブラウザー内の現在のページの URL を返します。ページがシステム ブラウザーで開いた場合、web は空の URL を返します。

すべて折りたたむ

システム ブラウザーで MathWorks® Web サイトのホーム ページを開きます。

url = 'https://www.mathworks.com';
web(url)

システム上に存在する HTML ファイルを表示します。

サンプル プログラム ファイルをパブリッシュして HTML ファイルを作成します。パブリッシュ プロセス中にコードを実行できるように、プログラム ファイルを現在のフォルダーにコピーします。

program = fullfile(matlabroot,'help','techdoc',...
          'matlab_env','examples','fourier_demo2.m');
copyfile(program);
htmlFile = publish('fourier_demo2.m');

ファイル名を指定してファイルを表示します。

web(htmlFile)

ツール バーを含まないブラウザーの新しいインスタンスでファイルを表示します。

web(htmlFile,'-new','-notoolbar')

絶対パスが含まれるかぎり、代替として、file:/// URL スキームを使用できます。関数 publishhtmlFile 出力にパスを返します。

url = ['file:///',htmlFile];
web(url)

システム ブラウザーの既定のメール アプリケーションから、mailto: URL スキームを使用して電子メールを送信します。

この例を実行するには、email の値を有効な電子メール アドレスで置き換えてください。

email = 'myaddress@provider.ext';
url = ['mailto:',email];
web(url)

text:// URL スキームを使用して書式設定済みのテキストを表示します。

web('text://<html><h1>Hello World</h1></html>')

入力引数

すべて折りたたむ

Web ページのアドレスまたはファイルの場所。文字ベクトルまたは string として指定します。ファイルの場所には絶対パスまたは相対パスのどちらも含めることができます。

url が外部サイトの場合、ページはシステム ブラウザーで開きます。url がインストール済み製品のドキュメンテーション内のファイルに対応している場合、そのページは Web ブラウザーではなく、MATLAB ヘルプ ブラウザーに表示されます。

例: 'https:\\www.mathworks.com'

例: "myfolder/myfile.html"

ブラウザーのオプション。以下のいずれかとして指定します。オプションの順番は任意です。

'-browser'

MATLAB Web ブラウザーではなく、システム ブラウザーのウィンドウでページを開きます。Microsoft® Windows® および Apple Macintosh のプラットフォームでは、オペレーティング システムがシステムの Web ブラウザーを決定します。その他のシステムでは、Mozilla® Firefox® が既定のブラウザーですが、MATLAB の Web 設定を使用して既定を変更することができます。

'-new'

MATLAB Web ブラウザーの新しいウィンドウでページを開きます。ページがシステム ブラウザーで開く場合は適用されません。

'-noaddressbox'

アドレス ボックスを表示しないブラウザーでページを開きます。MATLAB Web ブラウザーの新しいインスタンスにのみ適用されます。

'-notoolbar'

ツール バーまたはアドレス ボックスを表示しないブラウザーでページを開きます。MATLAB Web ブラウザーの新しいインスタンスにのみ適用されます。

例: '-new','-noaddressbox'

出力引数

すべて折りたたむ

ブラウザーのステータス。次のいずれかの値の整数として返されます。

0

システム ブラウザーを見つけて開始しました。

1

システム ブラウザーが見つかりません。

2

システム ブラウザーを見つけましたが、開始できませんでした。

最近の MATLAB Web ブラウザーのハンドル。関連付けられた Java® クラスのスカラー インスタンスとして返されます。ページがシステム ブラウザーで開いた場合、h は空 ([]) になります。

ハンドルを要求せずにページを開く場合、このハンドルは最近使用した関数 web に対応しないことがあります。その他の MATLAB 機能も、ヘルプ ブラウザーから外部サイトへのリンクなどの関数 web を使用しています。

最近使用した MATLAB Web ブラウザー内の現在のページ アドレス。文字ベクトルまたは string として返されます。url のデータ型は入力引数 url と同じです。ページがシステム ブラウザーで開いた場合、url は空 ('') になります。

制限

  • MATLAB Online では、web(url) の構文のみがサポートされます。MATLAB Online™web(url) を呼び出すと、url により指定されたページが MATLAB Web ブラウザーではなく、ご使用の Web ブラウザーで開かれます。

ヒント

  • 外部サイトを既定でシステム ブラウザーの代わりに MATLAB ブラウザーで開くには、[ホーム] タブに移動し、[環境] セクションで [設定] をクリックします。[MATLAB][Web] を選択し、[システムの Web ブラウザー] セクションで、[外部サイトへのリンクを開くときはシステムの Web ブラウザーを使用してください (推奨)。] をオフにします。外部サイトを開く際はシステム ブラウザーの使用を推奨します。

  • MATLAB Compiler™ 製品を使用して関数 web を呼び出すアプリケーションを配布する予定の場合は、'-browser' オプションを使用します。

  • MATLAB Web ブラウザー内で日本語のストリーミング テキストを表示する場合は、charset 属性を含むヘッダーを指定します。以下に例を示します。

    web(['text://<html><head><meta http-equiv="content-type" ' ...
         'content="text/html;charset=utf-8"></head><body>TEXT</body></html>']) 

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での動作変更

R2006a より前に導入