Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

trimesh

三角形メッシュ プロット

説明

trimesh(T,x,y) は、ベクトル x およびベクトル y の点と、三角形連結行列 T によって定義される 2 次元三角形メッシュをプロットします。

trimesh(T,x,y,z) は、3 次元三角形メッシュをプロットします。

また、trimesh(x,y,z,c) は、3 次元三角形メッシュのメッシュ エッジの色も指定します。

trimesh(TO) は、2 次元または 3 次元の triangulation オブジェクトまたは delaunayTriangulation オブジェクトによって定義されるメッシュをプロットします。

trimesh(___,Name,Value) は、名前と値のペアを使用して、メッシュ プロットの 1 つ以上のプロパティを指定します。たとえば 'LineWidth',2 は、エッジの幅を 2 ポイントに設定します。

h = trimesh(___) は、メッシュのプロットの作成に使用される patch オブジェクトを返します。プロットのプロパティについてクエリおよび変更を行うには、h を使用します。詳細については、Patch のプロパティを参照してください。

すべて折りたたむ

3 次元の点の集合を作成します。関数 delaunay を使用して Delaunay 三角形分割の連結行列を計算し、メッシュをプロットします。

[x,y] = meshgrid(1:15,1:15);
z = peaks(15);
T = delaunay(x,y);
trimesh(T,x,y,z)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

あるいは、triangulation オブジェクトを作成してメッシュをプロットできます。

TO = triangulation(T,x(:),y(:),z(:));
trimesh(TO)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type patch.

入力引数

すべて折りたたむ

三角形の連結性。各行に三角形を定義する頂点がある 3 列の行列として指定します。

x 座標。列ベクトルとして指定します。

y 座標。列ベクトルとして指定します。

z 座標。列ベクトルとして指定します。

エッジの色。z と同じサイズのカラーマップ インデックスの行列として指定します。詳細については、表面プロット データをカラーマップに関連付ける方法を参照してください。表面のカラーリングをさらに制御するには、名前と値のペア 'EdgeColor''FaceColor' を使用します。

三角形分割オブジェクト。triangulation オブジェクトまたは delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: trimesh(TO,'LineStyle','--')

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、Patch のプロパティを参照してください。

面の色。'FaceColor' と、色名、RGB 3 成分または 'none' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

面の透明度。'FaceAlpha' と範囲 [0,1] のスカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。値 1 は不透明、値 0 は完全な透明を表します。0 と 1 の間の値は半透明です。

エッジの色。'EdgeColor' と、色名、RGB 3 成分または 'none' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定の色は [0 0 0] で、これは黒色の境界に対応します。

RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

完全名省略名RGB 3 成分
'yellow''y'[1 1 0]
'magenta''m'[1 0 1]
'cyan''c'[0 1 1]
'red''r'[1 0 0]
'green''g'[0 1 0]
'blue''b'[0 0 1]
'white''w'[1 1 1]
'black''k'[0 0 0]

ライン幅。'LineWidth' と、ポイント単位の正の数値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

ライン スタイル。次の表にリストされたオプションのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

拡張機能

R2006a より前に導入