Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

timetable の同期

複数の timetable の時間を再調整して結合し、ライブ エディターの新しい時間ベクトルにします。

説明

Synchronize Timetables タスクでは、すべての入力 timetable から変数を対話的に収集し、それらを共通の時間ベクトルに同期して、結果を単一の timetable として返すことができます。その効果は水平方向の連結と類似していますが、入力 timetable はそれぞれ異なる行時間をもつことができます。また、このタスクは、ライブ スクリプト用の MATLAB® コードを自動生成します。

このタスクを使用すると、次を行うことができます。

  • 新しい行時間でデータ値を内挿

  • データを時間ビンに集約 (たとえば、月次データを含む複数の timetable から四半期平均を含む 1 つの timetable を作成)

  • 重複する行時間をもつ行を削除

  • 等間隔のタイム ステップまたはサンプルレートを指定して、出力を規則化

Synchronize Timetables task in Live Editor

タスクを開く

Synchronize Timetables タスクを MATLAB エディターでライブ スクリプトに追加するには、次を行います。

  • [ライブ エディター] タブで、[タスク]、[timetable の同期] を選択します。

  • スクリプトのコード ブロック内に、synchronizetimetable などの関連キーワードを入力します。コマンドの補完候補から [timetable の同期] を選択します。

すべて展開する

この例では、ライブ エディターの timetable の同期タスクを使用して、入力 timetable 内のデータを同期する方法を説明します。

まず、firstTT MAT ファイルから 2 つの小さい timetable を読み込みます。TT1 には測定温度、TT2 には測定湿度が含まれます。

load firstTT

ライブ スクリプトに timetable の同期タスクを追加します。

  • TT1 および TT2 の行時間の和集合である新しい行時間を指定するには、Selection method メニューを使用します。

  • 出力 timetable 変数のギャップを埋めることによってデータを調整するには、General rule メニューを使用します。埋め込み値として Missing を選択します。タスクは、各 timetable 変数のデータ型に適切な欠損値でギャップを埋めます。数値変数の場合、欠損値は NaN です。

NaN の代わりに内挿値でギャップを埋めることができます。一般的な規則として線形内挿を指定します。

行時間の和集合の代わりに、規則的な 1 時間ごとの時間ベクトルに同期します。

関連する例

パラメーター

ワークスペース内にあるすべての空でない timetable のリストから、入力 timetable の名前を指定します。

提供された 2 つのドロップダウン リストを使用して、2 つの timetable の名前を指定できます。timetable を 3 つ以上指定するには、ドロップダウン リストの右側にある [+] ボタンをクリックします。

出力 timetable の新しい行時間を計算する方法を指定します。

  • timetable からの時間 — 1 つ以上の入力 timetable から行時間を抽出する方法。たとえば、すべての timetable の行時間の和集合、または共通集合、または最後の timetable の行時間を使用できます。

  • タイム ステップ — 連続する等間隔の行時間の間の時間の長さ。

  • サンプルレート — サンプルレートまたは等間隔の行時間の頻度。

  • ワークスペースからの時間datetime 値または duration 値のベクトルであるワークスペース変数。このベクトルの時間が、出力 timetable の行時間になります。時間は等間隔である必要はありません。

timetable 内の変数の値をリサンプリングまたは集約するための規則を指定します。例外が指定されない限り、この規則はすべての入力 timetable のすべての変数に適用されます。

  • 埋め込み値 — 欠損データ インジケーターまたは定数値でギャップを埋めます。

  • データを内挿する — データ値を新しい行時間に内挿します。たとえば、100 Hz で測定されたデータを 200 Hz でリサンプリングします。

  • データの集計 — 時間ビンにデータを集約します。たとえば、1 時間ごとに測定されたデータ値から日次平均値を計算します。

[追加] ボタンをクリックします。表示された timetable 名および変数名のドロップダウン リストから timetable 変数を指定します。1 つ目のリストから入力 timetable を選択し、2 つ目のリストからその変数の 1 つを選択します。

  • 指定された変数のデータを調整するには、変数リストの右側にある 3 つ目のドロップダウン リストから規則を選択します。例外の規則は一般的な規則とは異なる場合があります。

  • 他の timetable 変数用の例外を指定するには、1 つ目の例外の右側にある [+] ボタンをクリックします。前の例外の下に、timetable 名、変数名、規則について新しいドロップダウン リストが表示されます。

R2020a で導入