ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

splitlines

文字列を改行文字の位置で分割

説明

newStr = splitlines(str) は、str を改行文字の位置で分割し、結果を出力配列 newStr として返します。

splitlines は、リテラル \n ではなく、実際の改行文字の位置で分割します。\n を含む string を分割するには、まず compose を使用してから、splitlines を使用します。

すべて折りたたむ

string を改行文字の位置で分割します。リテラル \n が改行文字を表す場合、関数 compose を使用して実際の改行に変換します。次に、splitlines を使用して string を改行文字で分割します。

\n によって区切られた 2 行のテキストを含む string を作成します。+ を使用して string の最後にテキストを連結できます。R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。

str = "In Xanadu did Kubla Khan";
str = str + "\n" + "A stately pleasure-dome decree"
str = 
"In Xanadu did Kubla Khan\nA stately pleasure-dome decree"

\n を実際の改行文字に変換します。str は 2 つの行に表示されますが、str は両方の行のテキストを含む 1 行 1 列の string です。

str = compose(str)
str = 
    "In Xanadu did Kubla Khan
     A stately pleasure-dome decree"

str を改行文字列の位置で分割します。newStr は 1 行 2 列の string 配列です。それぞれの要素に 1 行のテキストが含まれます。

newStr = splitlines(str)
newStr = 2x1 string array
    "In Xanadu did Kubla Khan"
    "A stately pleasure-dome decree"

文字ベクトルを作成し、改行文字の位置で分割します。関数 newline は改行文字 char(10) を返します。

chr = 'Whose woods these are I think I know.'; 
chr = [chr newline 'His house is in the village though;']
chr = 
    'Whose woods these are I think I know.
     His house is in the village though;'

C = splitlines(chr)
C = 2x1 cell array
    {'Whose woods these are I think I know.'}
    {'His house is in the village though;'  }

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。str が string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、str の各要素は同じ数の改行を含まなければなりません。

出力引数

すべて折りたたむ

出力テキスト。string 配列または文字ベクトルの cell 配列として返されます。newStr の次元の数は str より 1 つ多くなります。新しい次元のサイズは string 要素の改行数より 1 つ大きくなります。splitlines は分割の結果を新しい次元に沿って割り当てます。たとえば、str23 列の string 配列であり、各文字列に 3 つの改行文字が含まれる場合、newStr2 x 3 x 4 の配列になります。

入力配列 str が string 配列の場合、newStr も string 配列です。それ以外の場合、newStr は文字ベクトルの cell 配列です。

ヒント

string 配列の要素に異なる数の改行文字が含まれる場合は、for ループを使用して string 要素に個別にアクセスして、分割します。

拡張機能

R2016b で導入