ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rose

角度ヒストグラム プロット

rose は推奨されません。代わりに polarhistogram を使用してください。

構文

rose(theta)
rose(theta,x)
rose(theta,nbins)
rose(ax,...)
h = rose(...)
[tout,rout] = rose(...)

説明

rose(theta) は、角度のヒストグラムを作成します。これは、数値の範囲に従ってグループ化した値の分布を示す極プロットです。20 個以下の角度 theta の分布を示します。ベクトル theta は、ラジアンで与えられ、各ビンの原点からの角度を決めます。各ビンの長さは、グループに属する theta の要素数を反映しています。この範囲は、0 から 1 つのビンに属する最大要素数です。

rose(theta,x) は、ビンの数と位置をベクトル x を使用して指定します。length(x) は、ビンの数で x の値は各ビンの中心角度を指定します。たとえば、x が 5 要素をもつベクトルの場合、関数 rose は指定された x の値に中心をもつ 5 つのビンに theta の要素を分布させます。

rose(theta,nbins) は、範囲 [0,2*pi] 内で等間隔に nbins 個のビンをプロットします。既定値は 20です。

rose(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく座標軸 ax にプロットします。

h = rose(...) は、グラフの作成に使用される line オブジェクトのハンドルを返します。

[tout,rout] = rose(...) は、ベクトル toutrout を返すため、polar(tout,rout) は、データのヒストグラムを生成します。この構文は、プロットを作成しません。

すべて折りたたむ

0 から 2π までの値の角度ヒストグラムを作成します。データを 10 個のビンに分配します。

theta = [0.4 1.4 3.1 2.3 0.4 2.5 3.9 2.8 2.3 1.6 4.6 4.5 6.1 3.9 5.1];
rose(theta,10)

拡張機能

R2006a より前に導入