Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データの正規化

ライブ エディターでデータをセンタリングおよびスケーリング

説明

[データの正規化] タスクでは、z スコアなどのセンタリングおよびスケーリング メソッドを選択して、データを対話的に正規化できます。このタスクは、ライブ スクリプト用の MATLAB® コードを自動生成します。

このタスクを使用すると、次を行うことができます。

  • table や timetable などのワークスペース変数内のデータをセンタリングおよびスケーリングする方法をカスタマイズする。

  • 正規化されたデータと比較して入力データを自動的に可視化する。

  • 正規化の計算に使用されるセンタリング値とスケーリング値を出力する。

Normalize Data task in Live Editor

タスクを開く

[データの正規化] タスクを MATLAB ライブ エディターでライブ スクリプトに追加するには、以下を行います。

  • [ライブ エディター] タブで [タスク] をクリックし、[データの正規化] アイコン を選択します。

  • ライブ スクリプトのコード ブロック内に、normalize などの関連キーワードを入力します。コマンドの補完候補から [データの正規化] を選択します。

パラメーター

このタスクは、single 型または double 型のデータに対して実行されます。データはベクトルまたは table 変数に格納できます。

入力データとして table または timetable を提供する場合、[サポートされているすべての変数] を指定すると、サポートされる型のすべての変数を正規化します。正規化する特定の変数を選択するには、[指定した変数] を選択し、変数を個別に選択します。

次のオプションのいずれかを使用してデータを正規化するためのメソッドおよび関連パラメーターを指定します。

メソッド

メソッド パラメーター

説明

Z-score

Standard deviation (既定)

平均が 0、標準偏差が 1 となるようなセンタリングとスケーリング。

Median absolute deviation

中央値が 0、中央絶対偏差が 1 となるようなセンタリングとスケーリング。

Norm

正の数値スカラー (既定値は 2) または無限大ノルムの inf

p ノルムでのデータのスケーリング。

Range

左と右の範囲制限 (既定では、左限は 0、右限は 1)

[a b] の形式の区間 (ただし、a < b) へのデータ範囲の再スケーリング

Median IQR

 中央値が 0、四分位数間範囲が 1 となるようにデータをセンタリングおよびスケーリング。

Center

Mean (既定)

平均が 0 となるようなセンタリング。

Median

中央値が 0 となるようなセンタリング。

Numeric scalar

指定した数値だけ中央をシフト。

From workspace

数値配列の値、または入力データで指定された table 変数に一致している変数名をもつ table の値を使用して中央をシフト。

Scale

Standard deviation (既定)

標準偏差でデータをスケーリング。

Median absolute deviation

中央絶対偏差でデータをスケーリング。

First element

データの最初の要素でデータをスケーリング。

Interquartile range

四分位数間範囲単位でデータをスケーリング。

数値スカラー (既定値は 1)

数値で除算してデータをスケーリング。

From workspace

数値配列の値、または入力データで指定された table 変数と一致する変数名をもつ table の値を使用してデータをスケーリング。
Center and scale上記の Center メソッドおよび Scale メソッドからのパラメーターを使用してデータをセンタリングおよびスケーリング 

詳細

すべて展開する

バージョン履歴

R2021b で導入

すべて展開する