Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変化点の検出

ライブ エディターでデータ内の急激な変化を検出

説明

[変化点の検出] タスクを使うと、データの平均値、分散、または勾配と切片の急激な変化を対話形式で検出できます。このタスクは、ライブ スクリプト用の MATLAB® コードを自動生成します。

このタスクを使用すると、次を行うことができます。

  • 変化点のタイプを指定して、ワークスペース変数内のデータから変化点を見つける。

  • 検出される変化点の数を調整する。

  • 変化点の場所およびそれらの間のデータ セグメントを自動的に可視化する。

タスクを開く

[変化点の検出] タスクを MATLAB エディターでライブ スクリプトに追加するには、次を行います。

  • [ライブ エディター] タブで、[タスク]、[変化点の検出] を選択します。

  • スクリプトのコード ブロック内に、changefind などの関連キーワードを入力します。コマンドの補完候補から [変化点の検出] を選択します。

R2019b で導入