ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.field.GenericParameterizedField クラス

パッケージ: matlab.net.http.field
スーパークラス: matlab.net.http.field.GenericField

パラメーター化された構文をサポートする GenericField

説明

GenericParameterizedField オブジェクトは次のパラメーター化された構文をサポートする GenericField オブジェクトの 1 つのバージョンです。

Type; param1=value1; param2=value2; param3=value3; ...

Type はトークンであり、各 param=value のペアはパラメーターの名前と値を表します。Type はオプションですが、サブクラスで必要になる場合があります。GenericField とは異なり、このフィールドでは要素のコンマ区切りリストではなく、単一セットのパラメーター (まとめて "要素" と呼ばれる) のみがサポートされます。

作成

説明

obj = GenericParameterizedField(name,value)Name プロパティを name に、Value プロパティを value に設定して、HTTP ヘッダー フィールドを作成します。value が string または文字ベクトルである場合、value はそのまま使用されます。それ以外の場合、MATLAB® は string に変換しようとします。

value には、型とセミコロン区切りのパラメーターのリストが次の形式で含まれていなければなりません。ここで typeType プロパティの値で、各 param=value はパラメーターを定義します。ただし、MATLAB は value のこの構文を強制しません。

type; param1=value1; param2=value2; param3=value3; ...

value が n 行 2 列の string 行列の場合、行列の各行はフィールドの param=value パラメーターを次の形式で表します。

""     type
param1 value1
param2 value2

空の名前をもつ行はすべて、名前のない値としてフィールドに表示されます。通常、最初の行は Type です。コンストラクターのこの形式を使用すると、MATLAB はパラメーター名と型が正しいトークンかどうかをチェックします。param=value のペアの場合、MATLAB は予約文字を含む値がまだ引用符で囲まれていない場合は引用符で囲み、二重引用符をエスケープします。

型はオプションです。設定しない場合、Type プロパティを使用するか、setParameter(obj,"",type) メソッドを呼び出して後で設定できます。

obj = GenericParameterizedField(name,type,Name,Value) は、type に設定した Type プロパティと 1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定された追加のオプションのパラメーターでヘッダー フィールドを作成します。

この構文は、次の string 行列引数を指定する場合とほぼ同じになります。

obj = GenericParameterizedField(NAME, ["" TYPE; PARAM1 VALUE1; PARAM2 VALUE2; ...])

プロパティ

すべて展開する

フィールドの Type プロパティ。string として指定されます。この値は、名前と値のペアの一部ではない、フィールドの値にある任意のトークンと等しくなります。これが複数ある場合、Type はこのようなトークンをすべて含む string 配列です。値の開始位置には通常、その値の型と見なされる 1 つのトークンのみがあります。

たとえば、以下のステートメントで Type プロパティは MYTYPE です。

MYTYPE; foo=bar; abc=def; hij=klm

以下のステートメントには Type がないため、Type プロパティは "" です。

foo=bar; abc=def; hij=klm

すべてのトークンを削除するには、Type を空の配列または空の string に設定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

フィールド名。string または文字ベクトルとして指定します。このプロパティはスーパークラス matlab.net.http.HeaderField から継承されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

フィールド値。string または Name プロパティに対して有効な任意のタイプとして指定します。このプロパティはスーパークラス matlab.net.http.HeaderField から継承されます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
Dependent
true

メソッド

すべて展開する

R2018a で導入