ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hex2dec

16 進数でのテキスト表現を 10 進数に変換

構文

d = hex2dec('hex_value')

説明

d = hex2dec('hex_value')hex_value をその浮動小数点整数表現に変換します。引数 hex_value はテキストとして格納された 16 進数の整数です。hex_value の値が flintmax から返される値の 16 進数の等価より大きい場合、hex2dec は正確な変換を返さないことがあります。

入力引数 hex_value には、文字配列、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列を指定できます。

  • hex_value が文字配列の場合、各行は倍精度の数値として解釈され、d は列ベクトルとして返されます。

  • hex_value が文字ベクトルの cell 配列の場合、各要素は倍精度の数値として解釈され、d は列ベクトルとして返されます。

  • hex_value が string 配列の場合、各要素は倍精度の数値として解釈され、dhex_value と同じサイズの数値配列として返されます。

hex2dec('3ff')

ans =

        1023

文字配列 S に対して、以下のようになります。

S =
0FF
2DE
123
hex2dec(S)

ans =

255
734
291

拡張機能