Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

bubblechart3

3 次元バブル チャート

    説明

    bubblechart3(x,y,z,sz) は、ベクトル xyz で指定された場所に色付きの円マーカー (バブル) を表示します。バブル サイズをベクトル sz として指定します。ベクトル xyz および sz は同じ長さでなければなりません。

    bubblechart3(x,y,z,sz,c) は、バブルの色を指定します。

    • すべてのバブルに 1 つの色を使用するには、色名、16 進数カラー コード、または RGB 3 成分を指定します。

    • 各バブルに異なる色を割り当てるには、xy、および z と同じ長さのベクトルを指定します。あるいは、RGB 3 成分の 3 列の行列を指定できます。行列の行数は xy、および z の長さと一致しなければなりません。

    bubblechart3(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、BubbleChart プロパティを指定します。プロパティは他のすべての入力引数の後に指定します。プロパティの一覧については、BubbleChart のプロパティ を参照してください。

    bubblechart3(ax,___) は、ターゲット座標軸 ax にバブル チャートを表示します。他のすべての入力引数の前に座標軸を指定します。

    bc = bubblechart3(___) は、BubbleChart オブジェクトを返します。チャートのプロパティを作成後に変更するには、bc を使用します。プロパティの一覧については、BubbleChart のプロパティ を参照してください。

    すべて折りたたむ

    バブル座標のセットをベクトル xy、および z として定義します。sz を、バブルのサイズを指定するベクトルとして定義します。次に、xy、および z のバブル チャートを作成します。

    x = rand(1,20);
    y = rand(1,20);
    z = rand(1,20);
    sz = rand(1,20);
    bubblechart3(x,y,z,sz);

    バブル座標のセットをベクトル xy、および z として定義します。sz を、バブルのサイズを指定するベクトルとして定義します。次に、xy、および z のバブル チャートを作成し、色を赤として指定します。既定では、バブルは一部透明です。

    x = rand(1,20);
    y = rand(1,20);
    z = rand(1,20);
    sz = rand(1,20);
    bubblechart3(x,y,z,sz,'red');

    カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定できます。たとえば、16 進数カラー コード '#7031BB' は、紫の色調を指定します。

    bubblechart3(x,y,z,sz,'#7031BB');

    各バブルに異なる色を指定することもできます。たとえば、Figure のカラーマップから色を選択するベクトルを指定します。

    c = 1:20;
    bubblechart3(x,y,z,sz,c)

    バブル座標のセットをベクトル xy、および z として定義します。sz を、バブルのサイズを指定するベクトルとして定義します。次に、xy、および z のバブル チャートを作成します。既定では、バブルは 60% 不透明で、エッジは同じ色で完全に不透明です。

    x = rand(1,20);
    y = rand(1,20);
    z = rand(1,20);
    sz = rand(1,20);
    bubblechart3(x,y,z,sz);

    不透明度と外枠の色は、それぞれ MarkerFaceAlpha プロパティと MarkerEdgeColor プロパティを設定してカスタマイズできます。プロパティを設定する 1 つの方法として、チャートを作成するときに名前と値のペアの引数を指定します。たとえば、MarkerFaceAlpha 値を 0.20 に設定して 20% の不透明度を指定できます。

    bc = bubblechart3(x,y,z,sz,'MarkerFaceAlpha',0.20);

    戻り引数を指定した関数 bubblechart3 を呼び出してチャートを作成すると、チャートを作成した後に、戻り引数を使用してチャートにプロパティを設定することができます。たとえば、外枠の色を紫に変更できます。

    bc.MarkerEdgeColor = [0.5 0 0.5];

    都市圏のさまざまな都市における特定の毒素の汚染レベルを示すデータセットを定義します。

    • towns を都市の人口として定義します。

    • nsites を対応する都市内の産業用地の数として定義します。

    • nregulated を地域の環境規制に準拠した産業用地の数として定義します。

    • levels を都市の汚染レベルとして定義します。

    towns = randi([25000 500000],[1 30]);
    nsites = randi(10,1,30);
    nregulated = (-3 * nsites) + (5 * randn(1,30) + 20);
    levels = (3 * nsites) + (7 * randn(1,30) + 20);

    データをバブル チャートに表示します。関数 xlabelylabel、および zlabel を使用して軸ラベルを作成します。関数 bubblesize を使用して、すべてのバブルの直径を 5 ~ 30 ポイントにします。次に、バブル サイズと人口の関係を示すバブル凡例を追加します。

    bubblechart3(nsites,nregulated,levels,towns)
    xlabel('Industrial Sites')
    ylabel('Regulated Sites')
    zlabel('Contamination Level')
    
    bubblesize([5 30])
    bubblelegend('Town Population','Location','eastoutside')

    特定の都市圏の東側と西側にある複数の都市における特定の毒素の汚染レベルを示す 2 組のデータセットを定義します。

    • towns1 and towns2 を都市の人口として定義します。

    • nsites1nsites2 を対応する都市の産業用地の数として定義します。

    • nregulated1 および nregulated2 を地域の環境規制に準拠した産業用地の数として定義します。

    • levels1levels2 を都市の汚染レベルとして定義します。

    towns1 = randi([25000 500000],[1 30]);
    towns2 = towns1/3;
    nsites1 = randi(10,1,30);
    nsites2 = randi(10,1,30);
    nregulated1 = (-3 * nsites1) + (5 * randn(1,30) + 20);
    nregulated2 = (-2 * nsites2) + (5 * randn(1,30) + 20);
    levels1 = (3 * nsites1) + (7 * randn(1,30) + 20);
    levels2 = (5 * nsites2) + (7 * randn(1,30) + 20);

    タイル表示チャート レイアウトを作成して、データを左右に並べて可視化できます。次に、1 つ目のタイルに axes オブジェクトを作成し、都市の東側のデータをプロットします。タイトルと座標軸ラベルを追加します。2 番目のタイルでこの処理を繰り返して、西側のデータをプロットします。

    tiledlayout(2,1,'TileSpacing','compact')
    ax1 = nexttile;
    
    % East side
    bubblechart3(ax1,nsites1,nregulated1,levels1,towns1);
    title('East Side')
    xlabel('Industrial Sites')
    ylabel('Regulated Sites')
    zlabel('Contamination Level')
    
    % West side
    ax2 = nexttile;
    bubblechart3(ax2,nsites2,nregulated2,levels2,towns2);
    title('West Side')
    xlabel('Industrial Sites')
    ylabel('Regulated Sites')
    zlabel('Contamination Level')

    すべてのバブル サイズを小さくして、すべてのバブルが表示されるようにします。この場合、直径の範囲を 520 ポイントに変更します。

    bubblesize(ax1,[5 20])
    bubblesize(ax2,[5 20])

    東側の都市は西側の都市の 3 倍の大きさですが、前のチャートのバブル サイズにはこの情報は反映されていません。これは、最小バブルと最大バブルが、各座標軸の最小データ ポイントと最大データ ポイントにマッピングされるためです。同じスケールにバブルを表示するには、都市の両側からの人口を含む alltowns という名前のベクトルを定義します。関数 bubblelim を使用して、両方のチャートのスケーリングをリセットします。

    alltowns = [towns1 towns2];
    newlims = [min(alltowns) max(alltowns)];
    bubblelim(ax1,newlims)
    bubblelim(ax2,newlims)

    入力引数

    すべて折りたたむ

    x 座標。数値スカラーまたは y および z と同じ長さのベクトルとして指定します。

    データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

    y 座標。数値スカラーまたは x および z と同じ長さのベクトルとして指定します。

    データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

    z 座標。数値スカラーまたは x および y と同じ長さのベクトルとして指定します。

    データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | categorical | datetime | duration

    バブルのサイズ。数値スカラーまたは xy、および z と同じ長さのベクトルとして指定します。

    データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

    バブルの色。RGB 3 成分、色名、16 進数カラー コード、RGB 3 成分の行列、またはカラーマップのインデックスのベクトルとして指定します。すべてのバブルを同じ色で表示するか、各バブルを異なる色で表示できます。既定では、バブルは一部透明色で塗りつぶされ、バブルのエッジは不透明です。

    バブルを同じ色で表示

    次のいずれかの値を指定して、すべてのバブルを同じ色で表示します。

    • RGB 3 成分 — 各要素が色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 1 行 3 列の行ベクトル。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

    • 16 進数カラー コード — ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラー。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

    • 色名または省略名 — 以下の表に示す色名または省略名。

    色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

    'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

    'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

    'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

    'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

    'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

    'black''k'[0 0 0]'#000000'

    'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

    MATLAB® の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

    RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    [0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

    [0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

    [0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

    [0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

    [0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

    [0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

    [0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

    バブルを異なる色で表示

    次のいずれかの値を指定して、各バブルに異なる色を割り当てます。

    • RGB 3 成分の 3 列の行列 — 行列の各行で対応するバブルの RGB 3 成分の色を指定します。各行の値は、色の赤、緑、青の成分の強度を指定します。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。行数は座標ベクトルの長さと等しくなければなりません。

    • カラーマップ インデックスのベクトル — 現在のカラーマップにインデックス付けする数値の m 行 1 列のベクトル。ベクトルの値は、カラーマップの全範囲に対応します。c の長さは、座標ベクトルの長さと同じでなければなりません。座標軸のカラーマップを変更するには関数 colormap を使用します。

    ターゲット座標軸。Axes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、MATLAB は現在の座標軸にプロットするか、存在しない場合は Axes オブジェクトを作成します。

    名前と値のペアの引数

    オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

    例: bubblechart3([2 1 5],[4 10 9],[1 2 3],[1 2 3],'MarkerFaceColor','red') は、赤のバブルを作成します。

    メモ

    ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、BubbleChart のプロパティ を参照してください。

    マーカーの輪郭の色。'flat'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。既定値の 'flat' を指定すると、CData プロパティからの色が使用されます。

    カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

    • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

    • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

    あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

    色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

    'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

    'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

    'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

    'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

    'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

    'black''k'[0 0 0]'#000000'

    'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

    'none'該当なし該当なし該当なし色なし

    MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

    RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    [0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

    [0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

    [0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

    [0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

    [0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

    [0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

    [0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

    例: [0.5 0.5 0.5]

    例: 'blue'

    例: '#D2F9A7'

    マーカーの塗りつぶし色。'flat''auto'、RGB 3 成分、16 進数カラー コード、色名、または省略名として指定します。'flat' オプションは CData 値を使用します。'auto' オプションは座標軸の Color プロパティと同じ色を使用します。

    カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分または 16 進数カラー コードを指定します。

    • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

    • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

    あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

    色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

    'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

    'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

    'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

    'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

    'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

    'black''k'[0 0 0]'#000000'

    'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

    'none'該当なし該当なし該当なし色なし

    MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

    RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
    [0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

    [0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

    [0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

    [0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

    [0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

    [0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

    [0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

    例: [0.3 0.2 0.1]

    例: 'green'

    例: '#D2F9A7'

    マーカー エッジの幅。ポイント単位の正の値として指定します。

    例: 0.75

    マーカーのエッジの透明度。[0,1] の範囲のスカラーまたは 'flat' として指定します。値 1 は不透明、値 0 は完全な透明を表します。0 と 1 の間の値は半透明です。

    プロット内の点ごとにエッジの透明度を異なる値に設定するには、AlphaData プロパティを XData プロパティと同じサイズのベクトルに設定し、MarkerEdgeAlpha プロパティを 'flat' に設定します。

    マーカーの面の透明度。[0,1] の範囲のスカラーまたは 'flat' として指定します。値 1 は不透明、値 0 は完全な透明を表します。0 と 1 の間の値は一部透明です。

    点ごとにマーカー面の透明度を異なる値に設定するには、AlphaData プロパティを XData プロパティと同じサイズのベクトルに設定し、MarkerFaceAlpha プロパティを 'flat' に設定します。

    R2020b で導入