ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スクリプトと関数のプログラミング

プログラム ファイル、制御フロー、編集、デバッグ

繰り返し実行したり今後の参照用に保存するようなコマンド シーケンスがある場合、それをプログラム ファイルに保存します。MATLAB® のプログラム タイプのうち最もシンプルなのはスクリプトです。スクリプトには、コマンド ラインで入力するようなコマンド セットを格納します。さらにプログラミングに柔軟性をもたせるには、入力を受け入れて出力を返す関数を作成します。単一の対話型環境でコードを埋め込みの出力、書式設定されたテキスト、方程式およびイメージと組み合わせるには、ライブ スクリプトまたはライブ関数を作成します。