ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

論理演算

真偽 (Boolean) 条件

logical データ型は、true または false の状態を、それぞれ 10 の数値を使用して表現します。MATLAB® の関数や演算子には、条件を満たしていることを示すために、論理値を返すものもあります。これらの論理値を使用して、配列にインデックスを付けたり、条件付きコードを実行したりできます。詳細は、条件を満たす配列要素の検索に記載された方法を参照してください。

関数

Logical Operators: Short-circuitショートサーキットを使用した論理演算
and論理 AND を求める
not論理 NOT を求める
or論理 OR を求める
xor排他的論理和を求める
allすべての配列要素が非ゼロか true かを判定
any任意の配列要素が非ゼロかどうかを判断
false論理 0 (false)
find非ゼロ要素のインデックスと値を見つける
islogical入力が logical 配列かどうかを判別
logical数値を論理値に変換
truelogical 1 (true)

トピック

条件を満たす配列要素の検索

この例では、条件を配列に適用して、配列の要素をフィルター処理する方法を説明します。

logical 配列を 1 つの値にする

この例では、関数 any または all を使用して、配列全体を 1 つの論理値に低次元化します。

演算子の優先順位

優先順位の規則により、MATLAB で式を評価する順序が決定されます。

論理演算の真理値表

この参照表では、バイナリ論理演算子を一連の logical 1 (true) および logical 0 (false) のスカラーのペアに適用した結果を示しています。

配列が論理値であるかどうかを判定

配列全体または各要素を個別にテストして、配列が論理値であるかどうかを判定する。