Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

集合演算

和集合、交差部分、集合メンバー

集合演算は 2 つの集合内の要素を比較して、共通点または相違点を見つけます。MATLAB® では、集合は数値、日付、時間、またはテキスト データの配列です。ほとんどの集合演算では集合の厳密な等価性を比較しますが、浮動小数点演算のコンテキストにおいて、これは問題となることがあります。このため、許容誤差を伴う比較を実行するために関数 ismembertol と関数 uniquetol を利用することもできます。

関数

intersect2 つの配列の積集合
ismember集合配列のメンバーである配列要素
setdiff2 つの配列の差集合
setxor2 つの配列の排他的論理和のセット
union2 つの配列の和集合
unique配列の一意の値
ismembertol許容誤差内にある集合内のメンバー
uniquetol許容誤差内の一意の値
joinキー変数を使用した 2 つの table または timetable の組み合わせ
innerjoin2 つの table または timetable 間の内部連結
outerjoinOuter join between two tables or timetables

トピック