Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ビット単位の演算

特定のビット フィールドにおける設定、シフト、比較

ビット単位の演算は、数値のビット パターンを変更するために使用されます。これらの演算は、ほとんどの CPU で直接サポートされているため効率的です。詳細については、ビット単位の演算を参照してください。

関数

bitandビット単位の AND
bitorビット単位の OR
bitxorビット単位の XOR
bitcmpビット単位の補数
bitget指定位置ビットの取得
bitset特定の位置のビットを設定する
bitshift指定したビット数のシフト
swapbytesバイト順の交換

トピック

ビット単位の演算

このトピックでは、MATLAB® でビット単位の演算を使用して数値のビットを操作する方法を説明します。

巡回冗長検査の実行

この例では、数値のビットに対して "巡回冗長検査" (CRC) を実行する方法を説明します。