ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

例外処理

エラーの原因に関するデータのキャプチャと取得

MATLAB 言語構文

try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ

クラス

MExceptionエラー情報を取得する

関数

addCause例外の追加の原因を記録する
getReport例外のエラー メッセージを取得する
last最新のキャッチされていない例外を返す
rethrow前回キャッチされた例外を再度スローする
throw例外のスロー
throwAsCaller呼び出し元の関数内で発生しているかのように例外をスロー

トピック

MATLAB アプリケーションでの例外処理

あらゆる条件の下で確実に信頼性の高い演算を行えるよう、プログラムにエラー チェックを含めると有効です。異なるタイプのエラーにプログラムがどのように応答するかを決めることができます。

例外に関する情報の取得

プログラムで例外がスローされると、エラーの原因に関する情報が MException オブジェクトに取得されます。プログラムが停止する前に例外をキャッチした場合、この情報にアクセスできます。コード内で例外をスローするために使用する MException オブジェクトを作成することもできます。

例外のスロー

プログラムの予想どおりの終了を阻止する条件や、間違った結果をもたらす条件を検出し、実行を停止して、エラーを報告する例外をスローします。

例外への応答

特定の状況に対して例外を適切に処理するには、try/catch ステートメントを使用して例外に関する情報を取得し、状況に対処するコードを実行します。