Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection クラス

パッケージ: matlab.lang.correction

不足している入力引数を追加してエラーを修正

説明

MException オブジェクトをスローする関数内で、AppendArgumentsCorrection オブジェクトを使用します。MExceptionAppendArgumentsCorrection インスタンスを使用して、不足している入力引数の候補を表示します。

作成

説明

aac = matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection(arguments) は修正を作成して、MException をスローした関数呼び出しに入力 arguments を追加するよう提案します。

入力引数

すべて展開する

引数の候補。string ベクトル、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。

すべて折りたたむ

関数 hello には 1 つの入力引数が必要です。提案された入力引数 "world" をエラー メッセージに追加します。

function hello(audience)
if nargin < 1
    aac = matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection('"world"');
    error(aac, 'MATLAB:notEnoughInputs', 'Not enough input arguments.')   
end
fprintf("Hello, %s!\n", audience)
end

引数なしで関数を呼び出します。

hello
Error using hello (line 4)
Not enough input arguments.

Did you mean:
>> hello("world")

参考

関数

プロパティ

R2019a で導入