Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addCorrection

例外の修正候補の提案

説明

meNew = addCorrection(meBase,meCorrection) は、meBase MException と修正候補 meCorrection から meNew MException オブジェクトを作成します。meNew を作成するために、addCorrectionmeBase のコピーを作成し、meCorrectionmeNew.Correction プロパティに追加します。

meBase = addCorrection(meBase,meCorrection) は、meCorrection をその Correction プロパティに追加することで、既存の meBase MException オブジェクトを変更します。

すべて折りたたむ

関数 hello には 1 つの入力引数が必要です。提案された入力引数 "world" をエラー メッセージに追加します。

function hello(audience)
if nargin < 1
    me = MException('MATLAB:notEnoughInputs', 'Not enough input arguments.');
    aac = matlab.lang.correction.AppendArgumentsCorrection('"world"');
    me = me.addCorrection(aac);
    throw(me);
end
fprintf("Hello, %s!\n", audience);
end

引数なしで関数を呼び出します。

hello
Error using hello (line 6)
Not enough input arguments.

Did you mean:
>> hello("world")

入力引数

すべて折りたたむ

エラー情報。MException オブジェクトとして指定します。

R2019a で導入