Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

離散数学

素因数分解、階乗、順列、有理分数、最小公倍数、最大公約数

離散数学関数は整数 (…、-2、-1、0、1、2、…) の演算を行うか、または離散出力を整数で返します。これらの関数を使用して、大きな数を因数分解し、階乗を計算し、順列と組み合わせを求め、あるいは最大公約数を求めることができます。

関数

factor素因数
factorial入力の階乗
gcd最大公約数
isprime素数の配列要素を判別
lcm最小公倍数
nchoosek二項係数、または、すべての組み合わせ
perms可能なすべての置換
matchpairs線形の割り当て問題の解決
primes入力値以下の素数
rat有理分数近似
rats有理数の出力