Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

2 つの y 軸を使用した折れ線グラフと棒グラフの組み合わせ

この例では、2 つの異なる y 軸を使用して折れ線グラフと棒グラフを組み合わせる方法を説明します。また、ラインと棒をカスタマイズする方法も示します。

yyaxis を使用して、2 本の y 軸をもつチャートを作成します。グラフィックス関数は、チャートのアクティブな側をターゲットにします。アクティブな側を制御するには、yyaxis を使用します。左の y 軸を使用して、棒グラフをプロットします。右の y 軸を使用して、折れ線グラフをプロットします。bar series オブジェクトと chart line オブジェクトを変数に代入します。

days = 0:5:35;
conc = [515 420 370 250 135 120 60 20];
temp = [29 23 27 25 20 23 23 17];

yyaxis left
b = bar(days,temp);
yyaxis right
p = plot(days,conc);

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type bar, line.

チャートにタイトルと軸ラベルを追加します。

title('Temperature and Concentration Data')
xlabel('Day')
yyaxis left
ylabel('Temperature (\circC)')
yyaxis right
ylabel('Concentration')

Figure contains an axes. The axes with title Temperature and Concentration Data contains 2 objects of type bar, line.

チャート ラインの幅を変更し、棒の色を変更します。

p.LineWidth = 3;
b.FaceColor = [ 0 0.447 0.741];

Figure contains an axes. The axes with title Temperature and Concentration Data contains 2 objects of type bar, line.

参考

関数

プロパティ