Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ MEX アプリケーション

最新の C++ で実装される高性能な MATLAB® 関数の作成

C++ MEX API を使用して、C++ プログラムの効率性を備え、かつ MATLAB から外部関数および外部ライブラリにアクセスできる MATLAB 関数を作成します。C++ MEX API は以下の機能を提供します。

  • 最新の C++ プログラミング機能およびオブジェクト指向の設計を使用。

  • MEX 関数から MATLAB 関数を呼び出し。

  • MATLAB から入力を取得しそこに結果を返すことで、MATLAB とシームレスに統合。

  • MATLAB データ型およびコピーオンライト セマンティクスをサポート。

  • スレッドセーフなマルチスレッド MEX 関数を作成。

  • アウトプロセスで C++ MEX 関数を実行。

メモ

MATLAB C++ API 内の関数は、MATLAB データ APIで定義される matlab::data::Array クラスを使用します。MEX 関数を R2017b 以前の MATLAB で実行しなければならない場合、または C 言語での作業が望ましい場合は、mxArray データ構造体で機能するC 行列 APIを代わりに使用してください。詳細については、C からの MATLAB の呼び出しを参照してください。

C++ クラス

matlab::mex::FunctionC++ MEX 関数の基底クラス
matlab::mex::ArgumentListC++ MEX 関数からの入力および出力のコンテナー

アウトプロセスでの実行

mexhostC++ MEX 関数のホスト プロセスの作成
fevalMEX ホスト プロセスでの C++ MEX 関数の評価
matlab.mex.MexHostC++ MEX 関数のアウトプロセス ホストの実行

トピック

C++ MEX 関数の作成の開始

MEX ファイルのセットアップおよびビルド

C++ MEX 関数の設計

MEX 関数における MATLAB データ型

MATLAB 関数の呼び出し

個別のスレッドとプロセス

MATLAB 変数へのアクセス