Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

検証の基礎

元のモデルと HDL 実装との差異の表示

生成したテスト ベンチを使用して、生成した HDL コードを元のモデルに対して検証します。生成したテスト ベンチによって実行されたテストからコード カバレッジ情報を収集することもできます。

トピック

HDL ワークフロー アドバイザーを使用したテスト ベンチの生成とコード カバレッジの有効化

HDL ワークフロー アドバイザーを使用して生成された HDL コード用にテスト ベンチとコード カバレッジを生成します。

生成された HDL コードのテスト ベンチの選択

生成されたテスト ベンチを選択します。

生成されたモデルと検証モデル

生成されるモデルは、HDL の実装アーキテクチャを示しレイテンシを含む中間モデルです。

テスト ベンチのブロックに関する制限

テスト ベンチの生成で DUT への直接接続をサポートしないブロックを判別する。

遅延の均衡化

すべてのデータ パスに一致する遅延を挿入します。

速度を最適化した後の数値的相違の検出

元のモデルと生成したモデルの数値的相違について確認します。

トラブルシューティング

遅延の均衡化による数値的不一致の解決

HDL コード生成後の数値の不一致を解決する方法を説明します。