Main Content

定数と MATLAB Function ブロックの RTL カスタマイズのパラメーター

このページでは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][グローバル設定][コーディング スタイル] タブにあるパラメーターについて説明します。

インラインの MATLAB Function ブロック コード

MATLAB Function ブロックに HDL コードをインライン化します。

設定

既定の設定: オフ

オン

MATLAB Function ブロックに HDL コードをインライン化し、カスタム ブロック コードがインスタンスされるのを避けます。

オフ

MATLAB Function ブロックに HDL コードをインスタンス化し、インライン化は行いません。

コマンド ライン情報

プロパティ: InlineMATLABBlockCode
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。

たとえば、コードのインライン化を有効にするには、次のようにします。

mdl = 'my_custom_block_model';
hdlset_param(mdl,'InlineMATLABBlockCode','on');

たとえば、HDL コードのインスタンス化を有効にするには、次のようにします。

mdl = 'my_custom_block_model';
hdlset_param(mdl,'InlineMATLABBlockCode','off');

定数の記述表現

VHDL® コード内の定数 (32 ビットより小さい定数も含む) が集約によって表されるかどうかを指定します。このオプションは、MATLAB Function ブロックの HDL コードの生成に影響しません。

設定

既定の設定: オフ

オン

定数が集約として表現されます。次の VHDL 定数宣言は、集約として表現された 32 ビットより少ないスカラーを示しています。

GainFactor_gainparam <= (14 => '1',  OTHERS => '0');
オフ

32 ビットに満たない定数はスカラーとして、32 ビット以上の定数は集約として表されます。次の VHDL コードは 32 ビットより小さい値の既定の設定で生成されています。

GainFactor_gainparam <= to_signed(16384, 16);

依存関係

このオプションは、ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合に有効になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: UseAggregatesForConst
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、関数 hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、関数 hdlget_param を使用します。