Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

命名オプション

この節では、[HDL コード生成][グローバル設定] ペインの [モデルの生成] タブにあるさまざまな命名オプションを示します。生成モデルの名前の接頭辞や検証モデルの名前の接尾辞を制御できます。

生成されたモデル名の接頭辞

生成モデルの名前の接頭辞を指定します。

設定

既定の設定: 'gm_'

接頭辞は文字ベクトルとして指定します。この接頭辞は、HDL Coder™ によって、生成されたモデル名に追加されます。

コマンド ライン情報

プロパティ: GeneratedModelNamePrefix
型: 文字ベクトル
既定の設定: 'gm_'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、生成されたモデルをソフトウェア インターフェイス モデルとして使用していることを示すには、接頭辞 sm_ を使用できます。次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際に、このプロパティを指定します。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'GeneratedModelNamePrefix','sm_')
  • hdlset_param を使用する場合は、モデルのパラメーターを設定してから makehdl を使用して HDL コードを生成する。

    hdlset_param('sfir_fixed','GeneratedModelNamePrefix','sm_')
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

依存関係

[生成されたモデルの接頭辞] を指定するには、[生成されたモデル] を選択します。

参考

検証モデル名の接尾辞

検証モデルの名前の接尾辞を指定します。

設定

既定の設定: '_vnl'

接尾辞を文字ベクトルとして指定します。この接尾辞が HDL Coder によって検証モデルの名前に追加されます。

コマンド ライン情報

プロパティ: ValidationModelNameSuffix
型: 文字ベクトル
既定の設定: '_vnl'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、生成されたモデルをソフトウェア インターフェイス モデルとして使用していることを示すには、検証モデルの名前に接尾辞 _sm を使用できます。次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際に、このプロパティを指定します。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'ValidationModelNameSuffix','_sm')
  • hdlset_param を使用する場合は、モデルのパラメーターを設定してから makehdl を使用して HDL コードを生成する。

    hdlset_param('sfir_fixed','ValidationModelNameSuffix','_sm')
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

依存関係

[検証モデルの接尾辞] を指定するには、[生成されたモデル][検証モデル] を選択します。

参考