Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

HDL コードのモデルの生成

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、生成するモデルのタイプを選択できます。[HDL コード生成][グローバル設定][モデルの生成] を選択します。

命名オプションを使用して生成モデルと検証モデルの名前をカスタマイズできます。生成モデルのレイアウトを制御するには、レイアウト オプションを使用します。

生成されたモデル

Simulink® DUT と生成される HDL コードのレイテンシおよび数値の差を示す生成モデルの生成を有効または無効にします。生成されたモデルに挿入された遅延は、強調表示されます。

メモ

[生成されたモデル] を選択すると、[命名オプション][レイアウト オプション] が使用可能になります。

設定

既定の設定: オン

オン

生成モデルを生成する場合は、この設定をオンにします。既定では、コードと生成モデルが HDL Coder™ で生成されます。生成モデルのみを生成するには、[HDL コードを生成] チェック ボックスをオフにします。

オフ

生成モデルを生成しない場合は、この設定をオフにします。[生成] ボタンをクリックすると、HDL Coder はモデルのコードを生成します。

コマンド ライン情報

プロパティ: GenerateModel
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

既定では、GenerateHDLCode プロパティが有効になっています。このプロパティを GenerateModel プロパティと組み合わせて使用することで、生成モデルと HDL コードを生成するかどうかを指定できます。コードと生成モデルを生成するには、makehdl を実行します。

makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

生成モデルのみを生成する場合は、GenerateHDLCode プロパティを無効にして makehdl を実行します。

hdlset_param('sfir_fixed', 'GenerateModel','on');
hdlset_param('sfir_fixed', 'GenerateHDLCode',off');
makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir'

参考

検証モデル

生成されるモデルと元のモデルが機能的に同等かどうかを検証する検証モデルの生成を有効または無効にします。検証モデルには、元のモデルと生成された DUT モデルが含まれます。生成された DUT モデルを使用して、ブロック設定およびリソース共有、ストリーミング、遅延の均衡化などの最適化の効果を確認できます。

検証モデルの生成を有効にする場合は、モデルで遅延の均衡化が有効になっていることを確認します。[HDL コード生成][最適化][一般] タブで、[遅延の均衡化] チェック ボックスをオンにします。遅延の均衡化により、生成された DUT モデルは元の DUT モデルと常の同期された状態になります。元の DUT モデルでの遅延と生成された DUT モデルでの遅延が一致しない場合、検証は失敗します。

設定

既定の設定: オフ

オン

検証モデルを生成する場合は、この設定をオンにします。既定では、コードと検証モデルが HDL Coder で生成されます。検証モデルのみを生成するには、[HDL コードを生成] チェック ボックスをオフにします。

オフ

検証モデルを生成しない場合は、この設定をオフにします。[生成] ボタンをクリックすると、HDL Coder はモデルのコードを生成します。

コマンド ライン情報

プロパティ: GenerateValidationModel
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

既定では、GenerateHDLCode プロパティが有効になっています。このプロパティを GenerateValidationModel プロパティと組み合わせて使用することで、検証モデルと HDL コードを生成するかどうかを指定できます。コードと検証モデルを生成するには、makehdlGenerateValidationModel プロパティを有効にします。

hdlset_param('sfir_fixed', 'GenerateValidationModel','on');
makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

検証モデルのみを生成する場合は、makehdlGenerateHDLCode プロパティを無効にして GenerateValidationModel プロパティを有効にします。

hdlset_param('sfir_fixed', 'GenerateValidationModel','on');
hdlset_param('sfir_fixed', 'GenerateHDLCode',off');
makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir'

参考