Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コシミュレーション

Simulink® による HDL コシミュレーション (HDL Verifier™ が必要)

HDL コードを生成するときに、生成された HDL コードを HDL シミュレーターで実行する HDL Cosimulation ブロックを含む Simulink モデルをオプションとして生成することができます。モデルには、オリジナルの Simulink スティミュラス生成、動作モデル、および出力を表示し解析するブロックも含まれます。モデルは、HDL Cosimulation ブロックの出力とソース サブシステムの出力とを比較します。

関数

makehdltbGenerate HDL test bench from model or subsystem

トピック

HDL Cosimulation (HDL Verifier)

The HDL Verifier software consists of MATLAB® functions, a MATLAB System object™, and a library of Simulink blocks, all of which establish communication links between the HDL simulator and MATLAB or Simulink.

コシミュレーション モデルの生成

HDL シミュレーターでコシミュレートする Simulink モデルを自動的に生成します。

Set Up for HDL Cosimulation (HDL Verifier)

To cosimulate your HDL code with a MATLAB or Simulink design, you must first:

Automatic Verification of Generated HDL Code from Simulink (HDL Verifier)

Verify generated HDL code using a generated cosimulation model.

生成された HDL コードのテスト ベンチの選択

生成されたテスト ベンチを選択します。

注目の例