Main Content

Normalized Reciprocal HDL Optimized

正規化逆数を計算して最適化された HDL コードを生成

  • ライブラリ:
  • Fixed-Point Designer HDL Support / Math Operations

  • Normalized Reciprocal HDL Optimized block

説明

Normalized Reciprocal HDL Optimized ブロックは u の正規化逆数を計算します。0.5 < |y| ≤ 1 および 2ey = 1/u となる y および t として返されます。

  • u = 0 で u が固定小数点データ型またはスケーリングされた double データ型の場合、y = 2 – eps(y)e = 2nextpow2(w) – w + f です。ここで w は u の語長、f は u の小数部の長さです。

  • u = 0 で u が浮動小数点データ型の場合、y = Inft = 1 です。

端子

入力

すべて展開する

正規化逆数を求める値。実数のスカラーとして指定します。

勾配とバイアス表現は固定小数点データ型ではサポートされていません。

データ型: single | double | fixed point

入力が有効であるかどうか。boolean スカラーとして指定します。この制御信号は [u] 入力端子からのデータが有効であるかどうかを示します。この値が 1 (true) の場合、ブロックは [u] 入力端子の値を取得します。この値が 0 (false) の場合、ブロックは入力サンプルを無視します。

データ型: Boolean

出力

すべて展開する

0.5 < |y| ≤ 1 および 2ey = 1/u となる正規化逆数。スカラーとして返されます。

  • 端子 [u] の入力が語長 w の符号付きの固定小数点データ型またはスケーリングされた double データ型の場合、[y] は語長が w で小数部の長さが w – 2 の符号付きの固定小数点データ型またはスケーリングされた double データ型です。

  • 端子 [u] の入力が語長 w の符号なしの固定小数点データ型またはスケーリングされた double データ型の場合、[y] は語長が w で小数部の長さが w – 1 の符号なしの固定小数点データ型またはスケーリングされた double データ型です。

  • 端子 [u] の入力が double の場合、[y] は double です。

  • 端子 [u] の入力が single の場合、[y] は single です。

データ型: single | double | fixed point

0.5 < |y| ≤ 1 および 2ey = 1/u となる指数。整数スカラーとして返されます。

データ型: int32

出力データが有効であるかどうか。boolean スカラーとして返されます。この制御信号の値が 1 (true) の場合、ブロックは端子 [y][e] の出力を正常に計算しています。この値が 0 (false) の場合、出力データは有効ではありません。

データ型: Boolean

アルゴリズム

Normalized Reciprocal HDL Optimized ブロックは、二分探索を使用する入力を正規化することで機能します。二分探索のレイテンシは入力の語長の約 log2、それに続く CORDIC 逆数カーネルのレイテンシは入力の語長とほぼ同じです。

Normalized Reciprocal HDL Optimized ブロックは、常にデータを受け入れる準備ができています。最初のレイテンシの後、サンプルごとに有効なサンプルが出力されます。固定小数点入力 u のサンプルのレイテンシは次のとおりです。

       D = ceil(log2(u.WordLength)) + u.WordLength + 5

拡張機能

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

バージョン履歴

R2020a で導入

参考

関数

ブロック