Main Content

Complex Divide HDL Optimized

入力を別の入力で除算して最適化された HDL コードを生成

  • ライブラリ:
  • Fixed-Point Designer HDL Support / Math Operations

  • Complex Divide HDL Optimized block

説明

Complex Divide HDL Optimized ブロックは、スカラー [num] をスカラー [den][y] = [num]/[den] として除算した結果を出力します。

制限

Complex Divide HDL Optimized ブロックではデータ型オーバーライドはサポートされていません。

端子

入力

すべて展開する

分子。スカラーとして指定します。

勾配とバイアス表現は固定小数点データ型ではサポートされていません。

データ型: single | double | fixed point
複素数のサポート: あり

分母。スカラーとして指定します。

勾配とバイアス表現は固定小数点データ型ではサポートされていません。

データ型: single | double | fixed point
複素数のサポート: あり

入力が有効であるかどうか。boolean スカラーとして指定します。この制御信号は [num] 入力端子と [den] 入力端子からのデータが有効であるかどうかを示します。この値が 1 (true) の場合、ブロックは入力端子 [num][den] の値を取得します。この値が 0 (false) の場合、ブロックは入力サンプルを無視します。

データ型: Boolean

出力

すべて展開する

[num][den][y] = [num]/[den] として除算して計算される出力。[出力データ型] で指定されたデータ型の複素数スカラーとして返されます。

データ型: single | double | fixed point

出力データが有効であるかどうか。boolean スカラーとして返されます。この制御信号の値が 1 (true) の場合、ブロックは端子 [y] の出力を正常に計算しています。この値が 0 (false) の場合、出力データは有効ではありません。

データ型: Boolean

パラメーター

すべて展開する

出力 [y] のデータ型。fixdt(1,18,10)singlefixdt(1,16,0)、またはユーザー指定のデータ型式として指定します。型は直接指定されるか、Simulink.NumericType などのデータ型オブジェクトとして表現されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputType
型: 文字ベクトル
値: 'fixdt(1,18,10)' | 'single' | 'fixdt(1,16,0)' | '<data type expression>'
既定の設定: 'fixdt(1,18,10)'

ヒント

ブロック Divide by Constant HDL OptimizedReal Divide HDL Optimized および Complex Divide HDL Optimized はすべて、除算演算を実行して最適化された HDL コードを生成します。

  • Real Divide HDL Optimized および Complex Divide HDL Optimized は CORDIC アルゴリズムに基づいています。これらのブロックはさまざまな入力を受け入れますが、レイテンシが大きくなります。

  • Divide by Constant HDL Optimized は、実数入力と定数除数のみを受け入れます。このブロックを使用すると DSP スライスが消費されますが、除算演算の実行時のサイクル数が減り、クロック レートが高くなります。

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

バージョン履歴

R2021a で導入