Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Digital Filter Design

デジタル FIR および IIR フィルターの設計と実装

  • ライブラリ:
  • DSP System Toolbox / Filtering / Filter Implementations

説明

このブロックを使用して、浮動小数点フィルターの設計、解析および効率的な実装を行います。

Digital Filter Design ブロックは、フィルター デザイナー (filterDesigner) アプリを使用して設計したデジタル有限インパルス応答 (FIR) または無限インパルス応答 (IIR) フィルターを実装します。このブロックは、Discrete FIR Filter または Biquad Filter ブロックと同じフィルター実装を行います。

[入力処理] パラメーターを設定して、ブロックが入力処理をフレームベースで行うか、またはサンプルベースで行うかを指定しなければなりません。ブロックは、指定されたフィルターを離散時間入力信号の各チャネルに適用し、結果を出力します。ブロックの出力は、Discrete FIR Filter または Biquad Filter ブロック、および MATLAB® の関数 filter の出力と数値的に一致します。詳細は、フィルター デザイナー入門 を参照してください。

次のブロックは、デジタル フィルターの実装も行いますが、目的が少し異なります。

  • Discrete FIR Filter (Simulink) および Biquad Filter — 既に設計されている浮動小数点または固定小数点フィルターを効率的に実装するために使用します。これらのブロックは、Digital Filter Design ブロックとまったく同じようにフィルター実装を行います。

  • Filter Realization Wizard — Sum、Gain、Unit Delay ブロックから作成された浮動小数点または固定小数点フィルターを実装するために使用します。このブロック内のフィルターを設計することもできますが、他で設計したフィルターの係数をインポートすることもできます。

端子

入力

すべて展開する

フィルターする信号。ベクトル、または実数値の行列として指定します。行列入力が与えられると、ブロックは各列を独立したチャネルとして扱います。

フィルター デザイナー アプリで指定したサンプル レート Fs は、Digital Filter Design ブロックへの入力のサンプル レートと同じでなければなりません。サンプリング周波数が一致しないと、Digital Filter Design ブロックは警告メッセージを返し、入力ブロックのサンプル レートを継承します。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

フィルター処理された信号。ベクトルまたは実数値の行列として返されます。

データ型: single | double

パラメーター

ダイアログ ボックス

このダイアログ ボックスのパラメーターの詳細については、フィルター デザイナー入門を参照してください。

ブロックの特性

データ型

double | single

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

詳細

すべて展開する

拡張機能

R2006a より前に導入