Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

filterDesigner

フィルター デザイナー アプリを開く

構文

filterDesigner

説明

filterDesigner は、フィルター デザイナー アプリを開きます。このツールを使用して、以下を行います。

  • フィルターの設計

  • フィルターの量子化 (DSP System Toolbox™ ソフトウェアがインストールされている場合)

  • フィルターの解析

  • 既存のフィルター設計の変更

  • マルチレート フィルターの作成 (DSP System Toolbox ソフトウェアがインストールされている場合)

  • 量子化された、直接型の FIR フィルターの Simulink® モデルの実現 (DSP System Toolbox ソフトウェアがインストールされている場合)

  • フィルターのデジタル周波数変換の実行 (DSP System Toolbox ソフトウェアがインストールされている場合)

フィルター デザイナーの解析、設計および量子化機能の使用の詳細については、DSP System Toolbox ソフトウェアとフィルター デザイナーの使用を参照してください。フィルター デザイナーの使用に関する一般的な情報については、フィルター デザイナーの使用を参照してください。

フィルター デザイナー アプリを開いて DSP System Toolbox ソフトウェアがインストールされている場合、フィルター デザイナーは、DSP System Toolbox ソフトウェアによって追加される機能を組み込みます。DSP System Toolbox ソフトウェアがインストールされている場合、フィルター デザイナーによって、量子化されたフィルターの設計および解析に加えて、量子化されたフィルターのさまざまなフィルター構造への変換、フィルターの変換、マルチレート フィルターの設計およびフィルターのモデルの実現が可能になります。

サイドバーのボタンを使用して、フィルター デザイナー アプリでさまざまなツールを使用する設計領域を設定します。

量子化パラメーターの設定 — 量子化されたフィルターを構成する量子化器のプロパティにアクセスできます。[量子化パラメーターの設定] をクリックすると、次の図に示すように、ダイアログ ボックスの下部 (設計領域) に量子化オプションを表示するフィルター デザイナーが表示されます。

フィルター変換 — このボタンをクリックすると、[周波数変換] ペインが開き、デジタル周波数変換を使用してフィルターの振幅応答を変更できます。

マルチレート フィルターの作成 — このボタンをクリックすると、フィルター デザイナーがマルチレート フィルター設計モードに切り替わり、内挿、間引きおよび非整数レート変換フィルターを設計できます。

モデルの実現 — 量子化された、直接型の FIR フィルターからこのボタンをクリックすると、新しいモデル ウィンドウにそのフィルター構造の Simulink モモデルが作成されます。

メニュー バーのその他のオプションを使用して、フィルター構造の新しい構造への変換、フィルターの 2 次セクション型の次数の変更またはフィルターに適用されるスケーリングの変更など多くの機能を実行できます。

制限

  • filterDesigner アプリの [量子化パラメーターの設定] パネルの [入力/出力] セクションでは、符号付きデータ型のみがサポートされます。

  • [量子化パラメーターの設定] パネルの [入力/出力] セクションにある [入力語長][出力語長] の設定で指定する語長の値は、符号付きの数値型をサポートするために 2 以上でなければなりません。

R2011a で導入