Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

hsvoptions

hsvplot のプロット オプション

構文

P = hsvoptions
P = hsvoptions('cstpref')

説明

P = hsvoptions は、既定の値を設定したときにハンケル特異値 (HSV) プロットで使用可能なオプションの一覧を返します。オプション値の変更にはドット表記を使用します。これらのオプションを使用して、hsvplot で作成したハンケル特異値プロットの外観をカスタマイズすることができます。

P = hsvoptions('cstpref') は、Control System Toolbox™ 基本設定ダイアログ ボックスで選択したプロット オプションを初期化します。エディターの詳細については、ツールボックス基本設定を参照してください。

ハンケル特異値のプロット オプションは次のとおりです。

オプション説明
TitleXLabelYLabelテキストとスタイルのラベル
TickLabel目盛りラベルのスタイル
Grid[off|on]グリッドの表示/非表示
GridColor — [範囲 [0,1] の RGB 値のベクトル | 色 |'none']グリッド ラインの色
XlimModeYlimMode範囲制限のモード
XlimYlim座標軸の範囲
YScale[linear|log] Y 軸のスケール

ヒント

  • balredhsvplot はどちらもハンケル特異値プロットを生成します。hsvplot は、軸の範囲、スケール、ラベルのスタイルなどのプロットのプロパティをカスタマイズする場合に役立ちます。プロットのプロパティを定義するには、hsvplothsvoptions を使用します。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、プロットをカスタマイズする方法を参照してください。

すべて折りたたむ

hsvplot を使用して、プロット プロパティをカスタマイズしたハンケル特異値プロットを作成します。

Yscale プロパティとタイトルのフォント サイズを設定する hsvplot のオプション セットを作成します。

P = hsvoptions;
P.YScale = 'linear'; 
P.Title.FontSize = 14;

そのオプション セットを使用して HSV プロットを生成します。プロットの線形の Y 軸のスケールに注意してください。

h = hsvplot(rss(12),P);

Figure contains an axes. The axes with title Hankel Singular Values and Approximation Error contains 3 objects of type bar, line. These objects represent Unstable modes, Stable modes, Absolute error bound.

hsvplot ではプロット ハンドルが返されます。このプロット ハンドルを使用して、既存のプロットのプロパティを変更することができます。たとえば、対数スケールに切り替えたりグリッドを無効にしたりできます。

setoptions(h,'Yscale','log','Grid','Off')

Figure contains an axes. The axes with title Hankel Singular Values and Approximation Error contains 3 objects of type bar, line. These objects represent Unstable modes, Stable modes, Absolute error bound.

R2008a で導入