Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

amdemod

説明

z = amdemod(y,Fc,Fs) は、与えられた入力振幅変調 (AM) 信号 y に応じて、復調した信号 z を返します。ここで、搬送波信号は周波数 Fc をもちます。搬送波信号と y は、サンプリング周波数 Fs をもちます。変調信号 y は、抑圧搬送波変調の結果、初期位相 0 および搬送波振幅 0 をもちます。

メモ

Fs の値は Fs ≥ 2Fc を満たさなければなりません。

z = amdemod(y,Fc,Fs,ini_phase) は、変調信号の初期位相をラジアン単位で指定します。

z = amdemod(y,Fc,Fs,ini_phase,carramp) は、抑圧搬送波変調ではなく伝送搬送波変調で作成された信号を復調します。ここで、carramp は、変調信号の搬送波振幅です。

z = amdemod(y,Fc,Fs,ini_phase,carramp,num,den) は、復調で使用されるローパス バタワース フィルターの分子と分母を指定します。分子と分母は [num,den] = butter(n,Fc*2/Fs) によって生成されます。ここで、n はローパス フィルターの次数です。

すべて折りたたむ

搬送周波数を 10 kHz、サンプリング周波数を 80 kHz に設定します。持続時間が 0.01 秒の時間ベクトルを生成します。

fc = 10e3;
fs = 80e3;
t = (0:1/fs:0.01)';

周波数が 300 Hz と 600 Hz の 2 トーン正弦波信号を作成します。

s = sin(2*pi*300*t)+2*sin(2*pi*600*t);

ローパス フィルターを作成します。

[num,den] = butter(10,fc*2/fs);

信号 s を振幅変調します。

y = ammod(s,fc,fs);

受信信号を復調します。

z = amdemod(y,fc,fs,0,0,num,den);

元の信号と復調した信号をプロットします。

plot(t,s,'c',t,z,'b--')
legend('Original Signal','Demodulated Signal')
xlabel('Time (s)')
ylabel('Amplitude')

復調した信号は元の信号とほぼ同一です。

入力引数

すべて折りたたむ

振幅変調された入力信号。スカラー、ベクトル、行列または 3 次元配列として指定します。y の各要素は、実数でなければなりません。

データ型: double | single

搬送波信号周波数 (Hz 単位)。正のスカラーとして指定します。

データ型: double

搬送波信号と入力メッセージ信号のサンプリング周波数 (Hz 単位)。正のスカラーとして指定します。エイリアシングを回避するため、Fs の値は、Fs > 2(Fc + BW) を満たさなければなりません。ここで、BW は元の変調信号の帯域幅です。

データ型: double

変調信号の初期位相 (ラジアン単位)。スカラーとして指定します。

データ型: double

変調信号の搬送波振幅。スカラーとして指定します。

データ型: double

ローパス バタワース フィルターの分子。スカラーとして指定します。

データ型: double

ローパス バタワース フィルターの分母。スカラーとして指定します。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

振幅復調された出力信号。スカラー、ベクトル、行列または 3 次元配列として返されます。

R2006a より前に導入