ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C/C++ コード生成でサポートされている MATLAB 言語機能

コード生成でサポートされる MATLAB 機能

MATLAB® コードからのコード生成では、次の言語機能がサポートされています。

コード生成でサポートされない MATLAB 言語機能

MATLAB からのコード生成では、頻繁に使用される次の MATLAB 機能はサポートされていません。

  • スクリプト

  • 暗黙的な拡張

    コード生成では、要素単位の演算または関数の実行中、サイズに互換性のある配列の暗黙的な拡張をサポートしません。MATLAB コードが暗黙的な拡張に依存する場合、コードの生成によってサイズ不一致エラーが発生します。固定サイズの配列の場合、コンパイル時にエラーが発生します。可変サイズの配列の場合、実行時にエラーが発生します。暗黙的な拡張の詳細については、基本的な演算で互換性のある配列サイズ (MATLAB)を参照してください。コード生成では、暗黙的な拡張を実現するには、関数 bsxfun を使用します。

  • GPU 配列

    MATLAB Coder™ は GPU 配列をサポートしていません。ただし、GPU Coder™ がある場合は、GPU 配列入力を取る CUDA® MEX コードを生成できます。

  • 日付と時刻の配列

  • Java®

  • Map コンテナー

  • table

  • 時系列オブジェクト

  • try/catch ステートメント

このリストがすべてを網羅しているとは限りません。コード生成で機能がサポートされているかどうかを確認するには、コード生成でサポートされる MATLAB 機能を参照してください。