最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成における配列サイズの制限

コード生成では、配列の最大要素数は、コード ジェネレーターとターゲット ハードウェアによって制限されます。

固定サイズの配列および静的メモリ割り当てを使用する可変サイズの配列については、要素の最大数は次のいずれか小さい方になります。

  • intmax('int32') です。

  • ターゲット ハードウェアの C の int データ型に適合する最大の整数。

動的メモリ割り当てを使用する可変サイズの配列については、要素の最大数は次のいずれか小さい方になります。

  • intmax('int32') です。

  • ターゲット ハードウェアの C の int データ型に適合する最大の 2 のべき乗。

これらの制限は 64 ビット プラットフォーム上でも適用されます。

固定サイズの配列の要素数が最大を超えている場合、コード ジェネレーターによってコンパイル時にエラーが報告されます。可変サイズの配列の場合、実行時に、要素数が最大値を超え、実行時エラー チェックが有効な場合、生成されたコードでエラーが報告されます。既定では、実行時エラー チェックは MEX コードに対して有効化され、スタンドアロン C/C++ コードに対しては無効化されています。

参考

関連するトピック