状態遷移図

制御ロジックのモデル化のための状態遷移図

状態遷移図はリアクティブ システムのモデルです。モデルは有限の状態および振る舞いと、ある条件が真の場合にシステムがある状態から別の状態へどのように遷移するかを定義します。

状態遷移図を使用して、オートマチック トランスミッションやロボット システム、携帯電話といった動的システムにおける複雑なロジックをモデル化します。この複雑なロジックの例は、次のとおりです。

  • システムのタスクまたはステップのシーケンスのスケジュール
  • 故障検出、分離および回復ロジックの定義
  • さまざまな操作モードがどのように切り替わるかを監視

従来の有限ステートマシンを基礎として、状態遷移図によって次のような追加機能を使用できます。

  • 大規模なシステムの階層的なステートのモデル化
  • フロー図の追加による複雑な判定ロジックの定義
  • 並列性のあるシステムを表す直交状態の定義

これらの高度な技術を含めた状態遷移図のモデル化に関する詳細については、Stateflow® および Simulink® を参照してください。


一般情報



参考 : Stateflow, 制御ロジック, 有限ステートマシン, 制御システム, 組み込みシステム, ステートチャート