MATLAB/Simulink 関連書籍

英語で学ぶ 制御システム設計

産業ロボットや掃除ロボット、および自動運転など幅広いシステムの高性能を保障するため、制御理論が必要である。一方、大学の制御理論関連授業は、主にモデルに基づく分析的手法を中心に、制御理論を教えているため、数学が多く使われ、学習者が短い期間でその真髄を理解するのは非常に難しい。

著者らは長年大学生や技術者を対象に、制御理論について教鞭を取ってきた。近年、MATLABおよびSimulinkなどのソフトウェアは、学修中のアハ体験に大きく促進し、学習者が自分で発見的に学修することを容易にしている。本テキストも、MATLABやSimulinkを勉学のツールとして使用することを前提としている。また、近年、グローバル化に伴い、一部の授業が英語で行う大学も増えている。その中、高校生くらいのレベルでの英語で制御理論の専門知識を平易に解説するテキストは学修の垣根を低くするのに重要である。これらのことを背景に、著者らは、英語で本テキストを執筆することにした。

書籍の特徴

難しい数学の導出を最小限にし、基本概念およびその物理的な意味をわかりやすく説明し確実に理解できるようになっている。特に、アームロボットと台車型倒立振子という二つの物理系を対象に、制御問題と手法を一貫して検討している。また、章末問題を基本問題と発展問題に分け、自分で進んでチャレンジできるようになっている。

読者対象

制御に興味を持っている大学生,専門学校生と技術者。高校数学II程度の数学知識が必要。

※以下のコンパニオン ソフトウェアのリンクから、本文中で紹介しているプログラムコードの例や、例題・章末問題に関するMATLABファイルをダウンロードできます。

本書の構成

  1. Overview of System Control
  2. Mathematical Foundations of Control Theory
  3. Modeling of Dynamic Systems
  4. Block Diagram and Frequency Response
  5. Stability Analysis
  6. Characteristics of Control System
  7. Transfer-Function-based Control-System Design
  8. Control-System Design in State Space
  9. Controller Implementation
  10. Comprehensive Exercises

本書について

佘 錦華, 東京工科大学
禹 珍碩, 東京工科大学
大山 恭弘, 東京工科大学

コロナ社, 2022

ISBN: 978-4-339-03238-3
言語: Japanese

Amazon.jpで今すぐ購入

MATLAB と Simulink を活用したオンライン授業

MathWorks は、クラスルーム形式の授業のハイブリッドモデルへの移行、バーチャルラボの開発、完全オンラインのプログラムの立ち上げなど、形態や場所を問わず、アクティブラーニングの促進をサポートします。

MATLAB Courseware

MATLAB と Simulink を基にした教材

全てのコースおよび実習