MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日のコースでは、System Composer™ と Requirements Toolbox™ を使用した モデルベースシステムのアーキテクチャ開発と分析方法について学ぶことができます。

  • モデルベース システム エンジニアリング
  • 要件の処理
  • 基本的なシステム アーキテクチャ
  • 複雑なシステム アーキテクチャ
  • システム プロパティの取得と解析
  • アーキテクチャ トレーサビリティの強化

1 日目


モデルベース システム エンジニアリング

目的: モデルベースのシステムエンジニアリングの概念を紹介し、System Composer の利点について理解します。

要件の処理

目的: 要件の一般的な属性を明確にし、Requirements Toolbox を使用して要件を取得する方法について学びます。

  • 要件の特定
  • 明確な要件の属性
  • 要件エディターでの要件の作成
  • 外部ドキュメントからの要件のインポート

基本的なシステム アーキテクチャ

目的: 3種類のシステムアーキテクチャを System Composer コンポーネントで作成する方法について学びます。

  • コンポーネントを使用して基本的なアーキテクチャのプロトタイプを作成する
  • 機能アーキテクチャの作成
  • 論理アーキテクチャの作成
  • 物理アーキテクチャの作成
  • ポートの変更

複雑なシステム アーキテクチャ

目的: インターフェイスを追加する方法、バリアントコンポーネントと参照コンポーネントを作成する方法、および Simulink モデルを リンクする方法について学びます。

  • インターフェイス オブジェクトの作成とインターフェイスへの追加
  • インターフェイス アダプターを使用したインターフェイスの統合
  • 参照コンポーネントの作成
  • Simulink モデルとコンポーネントの関連付け
  • バリアント コンポーネントの作成と管理

システム プロパティの取得と解析

目的: ステレオタイプを使用して個々の要素のシステムプロパティを取得し、MATLAB® を活用してこれらのプロパティを分析および集約する方法について学びます。

  • プロファイルとステレオタイプ
  • 要素のステレオタイプの作成とカスタマイズ
  • ステレオタイプ プロパティの作成
  • MATLAB によるシステム プロパティの解析

アーキテクチャ トレーサビリティの強化

目的: システムのデジタルスレッドを強化するために、表示、割り当て、および要件のトレーサビリティマトリックスを生成する方法について学びます。

  • スポットライト表示の作成
  • ビューのカスタマイズ
  • 要件の関連付けと表示
  • アーキテクチャ要素の割り当て

レベル: 中級

必要条件:

  • Simulink 基礎
  • システムエンジニアリングに関する 基本知識をお持ちの方

期間: 1 日

言語: Deutsch, English, Français, 한국어

スケジュールを確認して登録する