Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

wmaxlev

最大のウェーブレット分解レベル

説明

L = wmaxlev(S,wname) は、wname で指定されたウェーブレットを使用して、サイズ S の信号またはイメージのウェーブレット分解可能な最大レベル L を返します (詳細については、wfilters を参照)。最大レベルは、少なくとも 1 つの係数が正しい最後のレベルです。

wmaxlev は、最大許容レベルの分解を返しますが、通常は、より小さな値が使用されます。

すべて折りたたむ

Haar ウェーブレットを使用して、1,024 サンプルの 1 次元信号の最大分解レベルを返します。

s = 1024;
wv = 'haar';
l = wmaxlev(s,wv)
l = 10

db7 ウェーブレットを使用して最大レベルを返します。

wv = 'db7';
l = wmaxlev(s,wv)
l = 6

Haar ウェーブレットを使用して、次元 512 x 128 の 2 次元信号の最大分解レベルを返します。

s = [512 128];
wv = 'haar';
l = wmaxlev(s,wv)
l = 7

2 つの次元の最小値を取ったときの最大レベルが同じであることを確認します。

l = wmaxlev(min(s),wv)
l = 7

db7 ウェーブレットを使用して最大レベルを返します。

wv = 'db7';
l = wmaxlev(s,wv)
l = 3

入力引数

すべて折りたたむ

信号またはイメージのサイズ。信号の場合は正の整数、イメージの場合は正の整数の 2 要素ベクトルとして指定します。

データ型: double

ウェーブレット分解の最大レベルを決定するために使用するウェーブレット。ウェーブレットは、次のいずれかのウェーブレット ファミリから指定します。Daubechies、Coiflets、Symlets、Fejér-Korovkin、Discrete Meyer、Biorthogonal、Reverse Biorthogonal。各ファミリの利用可能なウェーブレットについては、wfilters を参照してください。

バージョン履歴

R2006a より前に導入