ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nbinfit

負の二項分布パラメーター推定

構文

parmhat = nbinfit(data)
[parmhat,parmci] = nbinfit(data,alpha)
[...] = nbinfit(data,alpha,options)

説明

parmhat = nbinfit(data) は、ベクトルで与えられたデータ data の負の二項分布のパラメーターの MLE (最尤推定値) を返します。

[parmhat,parmci] = nbinfit(data,alpha) は、MLE と 100(1-alpha) パーセントの信頼区間を返します。既定の設定では、alpha = 0.05 で、95% の信頼区間に対応します。

[...] = nbinfit(data,alpha,options) は、最尤推定を計算するために関数が使用する反復アルゴリズムの制御パラメーターを指定する options 構造体を受け入れます。負の二項近似関数は、関数 statset を使用して作成できる options 構造体を受け入れます。statset('nbinfit') を入力して、nbinfitoptions 構造体に受け入れるパラメーターの名前と既定値を確認します。これらのオプションの詳細は、statset のリファレンス ページを参照してください。

メモ:

負の二項分布の分散は、その平均値よりも大きくなります。data のデータの標本分散が、その標本平均よりも少ない場合は、nbinfit は MLE を計算できません。代わりに関数 poissfit を使用しなければなりません。

R2006a より前に導入