Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

nbininv

負の二項逆累積分布関数

構文

X = nbininv(Y,R,P)

説明

X = nbininv(Y,R,P) は、対応する成功回数 R と、1 回の試行での成功の確率 P により負の二項累積分布逆関数を返します。二項分布は離散的なので、nbininv は、X において評価された負の二項累積分布関数が Y 以上になるような最小の整数 X を返します。YR および P には、すべて同じサイズのベクトル、行列または多次元配列を指定できます。これは、X のサイズでもあります。YR または P がスカラー入力である場合は、他の入力と同じ次元をもつ定数配列に展開されます。

負の二項分布の最も簡単な動機付けは、それぞれの試行で成功する一定の確率が P である連続ランダム試行の場合です。指定された成功回数 R を観測するために実行しなければならない "追加の" 試行回数は、負の二項分布です。ただし、負の二項分布のより一般的な解釈に従って、nbininv では R が、非整数を含む任意の正の値であってもかまいません。

コインを投げて、表が10 回出る確率を 99% にするには、何回コインを投げたら良いでしょうか。

flips = nbininv(0.99,10,0.5) + 10
flips =
  33

表を10 回出すには、少なくとも 10 回コインを投げなければならないことに注意してください。右側の 2 つ目の項が 10 であるのは、そのためです。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入