Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッグ

チャート シミュレーションを解析して設計の矛盾を確認する

状態図においてブレークポイントを設定し、データ値を監視し、関数をステップ実行します。編集時および実行時のモデリング エラーを検出します。

トピック

Stateflow チャートのデバッグ

Stateflow® チャートをデバッグするためにブレークポイントを設定してデータを監視する。

編集時のモデリング エラーの検出

Stateflow チャートの設計時にモデリング エラーを検出する。

チャート シミュレーション時の一般的なモデリング エラーの検出

Stateflow でフラグが設定される一般的なモデリング エラーについて説明する。

Stateflow チャートのアニメーション化

チャート アニメーションを使用してシミュレーション時の動作を視覚的に確認する。

チャート内の Stateflow オブジェクトのコメント化

Stateflow オブジェクトをコメント アウトして、シミュレーションから除外する。

状態遷移表での実行時エラーのデバッグ

ブレークポイントを使用して状態遷移表をデバッグする。

チャート内での MATLAB 関数のデバッグ

ブレークポイントを使用して MATLAB® 関数をデバッグする。

真理値表でのエラーのデバッグ

ブレークポイントを使用して真理値表をデバッグする。

チャートでの望ましくない再帰の回避

望ましくない再帰的動作を避けるためのガイドラインについて説明する。

動的なテスト ベクトルの実装

シミュレーション時に動的に変化するテスト ベクトルを作成する。