Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成

チャートから C または C++ コードを生成する

Simulink® Coder™ または Embedded Coder® をお持ちの場合、Stateflow® ブロックを含むモデルから C または C++ コードを生成できます。

トピック

Stateflow ブロックからの C または C++ コードの生成

Stateflow ブロックを含むモデルからコードを生成する。

Atomic サブチャートからのコードの生成

リンクされている Atomic サブチャートとリンクされていない Atomic サブチャートのスタンドアロン コードを作成する。

生成コード内の行列の配列レイアウトを選択

列優先、行優先、多次元のいずれかのレイアウトで配列データを実装する。

コマンド ライン API を使用した、シミュレーションとコード生成のパラメーターの設定

[モデル コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスのパラメーターをプログラムによって設定する。

バリアント遷移を使用したソフトウェア構成

バリアント遷移を使用して、バリエーションがある再利用可能なコードを作成する。

注目の例